アンヘレスの遊び方 プリミターのデイタイムバーで昼から遊ぶ

アンヘレスの昼の遊びといえばプリミターのデイタイムバーです。最近はウォーキングストリートでも昼から営業しているコリアン系バーが増えてきたのでそちらで済ませるのが省エネではありますが、プリミターもまだまだ健在です。以前は日中の活動といえばプリミターだったんですよね。今でもデイタイムバーの数としてはプリミターの方が断然多いです。

プリミターとは

ウォーキングストリートからさらに西の方に向かう道をPerimeter Roadといいます。カタカナで書くとプリミターあるいはパリミター。Perimeterは境界という意味で、米軍基地との境界がこの道路だったのでこの名がついた、と知り合いのアメリカ人のおじいさんが言ってました。現地名はDon Juico Avenueです。まあ、そもそも道の名前は別に使わないので覚える必要もないんですけどね。

プリミターの特徴

大きな特徴としては、13時頃から営業していること、そしてウォーキングストリートよりも安いことです。安いとはいっても、バーファインはずいぶん値上がりして2,500pくらいです(2017年現在)。ちなみに、万次郎が初めてアンヘレスに行った頃はこの3分の1程度だったのを覚えています。なお、ウォーキングストリート上のLeopardとCosplayも2,500pくらいとほぼ同じですね。

さらにもうひとつ特徴として重要なのは、経産婦が多いことです。子供がいるからデイタイムバーでという発想ですね。

夜のウォーキングストリートに比べると明らかにレベルは低いです。ただ、丹念に探すと1人くらいはチンピクする娘がいます。たまーに「なんでこんな娘が」といったかわいい娘もいて、聞くと「ベストフレンド(経産婦)が働いてるから」とか「ママさんが知り合いだから・・・ウォーキングストリートは怖いし・・・」とかいうことで、まあ運です。経産婦がイヤな人は「メロンベイビー?(子供いる?)」と聞けば教えてくれます。彼女たちはファミリーを愛してるので、子供の有無で嘘つく嬢はほとんど見たことないですね。

プリミターの行き方

デイタイムバーはプリミターロード上に何店かずつ固まって点在しています。ジプニーで一番遠くの固まりまで行ってから、ボチボチ戻ってくるのがベストです。ただ、日本人的に一番イケてるのは一番遠くの固まりです。バーの名前でいうとAfter School、Girls Generation、Orange Barなどがあるあたりです。多くがコリアン系のバーです。この固まりよりも手前の固まりは、わりと白人向けな感じなので日本人はチンピクしない場合が多いかと思います。極端な話、このコリアン系で空振りだった場合、その日はもう諦めてもいいくらいです。とはいえ丹念に探すとたまにいい嬢がいたりもしますが・・・まあそのへんはご判断で。

行き方はさほど難しくありません。別の記事でFRIENDSHIPへの行き方を確認してください。

ジプニーが面倒な場合はもちろんトライシクルでも可です。その場合、バーの名前を言ってもドライバーは知らないことが多いのでClarkton Hotelを行き先に指定するといいかと思います。

さて、上記の方法で乗り込んだジプニーは、まず右折してターミナルを出ます。その後はひたすらまっすぐ、FRIENDSHIPのターミナル行きますが、我々は途中で降りる必要があります。降りるところの目印が進行方向に向かって左側にあるので、できれば進行方向右側に座った方が見つけやすいですね。

では降りるポイントの見つけ方を。ジプニーで7-8分走ると、左側に画像のようなシマシマの金属のフェンスがあるところがあります。ここを過ぎたらもう間もなくと思ってください。

シマシマから1分ほどのところ、進行方向左側に画像のようなカフェの丸い看板があります。これを見つけたら降りたいと意思表示しましょう。

上記の記事で紹介したとおり、降りる意思表示は2通りあります。

  • ドライバーに「パラ」あるいは「パラポ」と言う

パラは現地語でSTOPという意味のようです。ポが付くと丁寧な言い回しになります。「ハローポ」とか言う感じでも使います。パラのラは少し巻き舌ですかね。

  • 天井をノックする

ドライバーから離れて座っている乗客はこの方法で降りる旨伝えることもあります。

丸い看板の辺りで降りることを伝えると目的地であるバーの目の前か、その少し手前で降りられると思います。

プリミターの遊び方

このあたりには、冒頭で書いたコリアン系のバーが7-8軒並んでおり、これらをガーっと舐めていくと1人くらいチンピクする娘がいるかしれません。ただし、いないことも多いので、だめならサクッと帰るのもよいでしょう。

一番勢いがあるのはOrange Barでしょうか。

場所はこちらです。

下の画像のピンクの看板がGIRLS GENERATIONですが、コリアンたちはバンで乗り付けて嬢を刈り取っていくことで知られており、矢印の指すところがその様子(笑)。14時を過ぎるともう刈り取られた後の状態になるので行くときはお早めに。

ウォーキングストリートに戻る

ウォーキングストリート方面に戻るときはバーがある側の車線でジプニーを待ちます。来たら手を上げて乗る意思表示をすると止まります。ジプニーは結構たくさん走っていて5分以上待つことはまずないですね。この通りを走るジプニーはすべてウォーキングストリート方面の終点であるチェックポイントまで行きますのでどれでも大丈夫です。

乗り込んだらドライバーに8ペソを渡します。座った場所からドライバーに手が届かないときは、他の乗客にバケツリレーのようにしてドライバーに送ってもらいます。いたって普通のことなので黙ってお金を持った手を突き出せばOKです。何か言うなら「Bayad(バヤッド)」ですかね。「チェック」と同じような意味みたいです。

帰る途中にもバーがいくつもありますが、欧米人向けが多くヒット率はかなり低いのでスルーでいいと思います。終点は来るときに乗り込んだチェックポイントです。

収穫なしならポニーテールあたりを覗く感じですかね。お腹が減っていればAl Bacioが近いです。エンジェルベーカリーのサンドイッチとかもおいしいですね。

ちなみに…ウォーキングストリートの終わりからオレンジまでは歩いても30分くらいです。運動がてら歩ける距離ではありますが、日差しが強いときはサングラスと日焼け止めをお忘れなく。

関連記事

アンヘレスのその他の遊びはこちらを。

アンヘレスの遊び方 ウォーキングストリートのゴーゴーバーで夜遊び

2018.05.31

アンヘレス Sky Trax (スカイトラックス)でナンパ遊び

2018.06.04

マニラの遊び方はこちら。

フィリピン マニラの遊び方まとめ Pasay(パサイ)/Burgos(ブルゴス)/Ermita(エルミタ) エリア別のおすすめ

2018.06.05

フィリピンは20,000マイル前後でANAの特典航空券が取れます。年に何回も、ほぼ費用なしでフィリピンに通えるので、絶対に陸マイラー活動をやっておくことをおすすめします。ANAのSFCも大きな助けになると思います。

陸マイラー活動 年間10万マイルをためてビジネスクラスでFKKツアー!!

2018.05.10

夜遊び×SFC×陸マイラー 旅と人生を変える2つの武器

2018.05.09