アンヘレスのレストラン Piccolo Padre (ピッコロパドレ)

概要

  • 点数:4.7/5.0
  • ジャンル:イタリアン
  • 開店:17時
  • 閉店:23時(22時ラストオーダー)
  • 定休日:月曜日
  • Wi-Fiあり おおむね快適
  • カード:OK
  • 税サ:サービス料10%

トリップアドバイザーでアンヘレスのレストラン1位のお店です。ウォーキングストリートから徒歩10分以上はかかりますし、1人あたりの平均予算が3,000-5,000円程とアンヘレスではべらぼうに高いですが、おいしいものが食べたければ行く価値はあります。

店内はオペラ座?みたいな感じで高級感あり。嬢とのデートにも…と思いがちですが、地元民にウケる味ではなく、完全に外国人向けです。フィリピン人にちゃんとしたトマトソースのパスタを食べさせると「すっぱくてまずい」とか言いやがります(笑)。ジョリビーの味付けの理由がわかる気がしますが、そういった意味でも確かにこのレストランはフィリピン人向きではないですね。

スタッフは服装、態度とも大変しっかりしています。でもやっぱりフィリピンなので特に気取ったところはなく、短パンにビーサンでも全く問題なし。1人でももちろんOKです。初来店だと名前とか国籍を聞かれますが、多少対応を変えるためでしょうかね。客層も欧米人グループが中心のようです。

場所はこちら。Prime Asia Hotelの1階部分です。

ウォーキングストリートからは、少々歩きますが道順はシンプル。Atlantis側のゲートをくぐって直進、ジプニーのチェックポイント前にあるミニストップの角を左折して突き当りまでひたすらまっすぐ行くだけです。

突き当りにガソリンスタンドがあって、その10mほど手前の左側にあります。ウォーキングストリートからの距離はAl Bacioと同じくらいでしょうか。

メニュー

すべてのメニューが繊細な味でとてもおいしいです。

LIVE OYSTERS INFERNO 240p(4ピース)

牡蠣殻を使った牡蠣のグラタンのような料理で、名物メニューのようです。うまい。食中毒が怖い人は少し加熱してもらった方がいいかもしれません。旅先でノロとかもらうと台無しですから。

ジーニアス タラガ。

CAPELLINI D’ ANGELO AL RAGU’ DI MARE 950p

魚介が盛りだくさんで、ロブスター、エビ、ホタテ、ムール貝、白身魚、あさり?などが入っていました。特にロブスターが柔らかくプリップリで最高。辛さはミディアムにしましたがじんわりくる辛さですね。

魚介の風味を感じるおいしいソースをからめていただく細ーいスパゲッティは力強くも繊細な味わいでとてもおいしかったです。

TIRAMISU 250p

甘いクリームとブランデーを吸ったビターなスポンジのコントラストが絶妙。

CAPPUCCINO 150p

なんちゃってカプチーノではなくエスプレッソ+しっかり泡立てたミルクでおいしいです。

上記4品で1人お誕生会を開催したところ、お会計は1,740pでした。約4,000円ほど。おそらくAl Bacioの2倍くらいかかります。価格と味って正比例ではないですから、これをどう考えるかですかね。Al Bacioの2倍うまいかというと、そうではないわけで。

万次郎的には、Piccolo Padreはたまにでよくて、普段はAl Bacio派ですかねー。ただ、味は本当においしいので、行ったことがなければ行く価値は確実にありますよ。

メニュー画像

※2017年10月現在の情報です。

関連記事

アンヘレス おすすめレストランのまとめ

2018.11.12