アンヘレス 通信手段 通信可能なSIMカードを入手

スマホの次はSIMを用意します。選択肢としては旅行者用SIMか現地SIMかということになります。順番に見ていきましょう。

旅行者用SIM

万次郎は以下の「SIM2Fly」を試したことがあります。結論からいうとなかなか良かったです。SIM代は1,500円弱と少々割高ではありましたが、飛行機の着陸後すぐにつながり、速度もまあまあでした。amazonで適当に検索すればすぐ見つかります。

飛行機の着陸後、機内モードをオフにして、データローミングをオンにしたらメッセージが届きネットにつながりました。GLOBE回線のようです。マニラでもアンヘレスでも、4Gでそこそこ快適につながりました。高速道路上の僻地でも概ね接続は良好。

ただし電話番号を持っていないデータ通信専用SIMのようで、チャージしてテキストメッセージを送ったりはできません。この点だけ、嬢と関係を作っていくのに難点になるかもしれません。LINEやKakaoだけでは嬢の移動中に連絡がとれなくなったりするので。

なお、フィリピンにハマって繰り返し渡航する人には、現地SIMの方がずっと安いのでそちらの方が。

現地SIM

フィリピンの大手通信会社といえばGLOBEとSMARTです。入手方法は次の通りです。

空港で入手する

ターミナル3の到着ロビーに出てすぐのところに画像のようにGLOBEとSMARTのブースがあります。

「無料のプリペイドシムカード」とか「FREE Tourist SIM」と書いてありますね。

ここでは確かにSIMカードそのものは無料でもらえるのですが同時にプリペイドの課金(LOADとよばれます)をしなければならず、その額が500pとか。この金額、はっきり言って旅行者には多すぎます。4-5日の滞在であれば150-200pもあれば十分なので、500pはほぼ確実に余ってしまいますね。

とはいえ、500pは日本円だと千数百円程度なので利便性を優先してここで購入しておき、タクシーやバスの中で設定してすぐネットを使えるようにするのも決して悪くはないと思います。また、ここのスタッフは旅行者慣れしていてある程度設定の面倒もみてくれるようなので彼らに任せてしまってもいいかもしれませんね。言語設定は英語にしておいた方がいいですが、たまに他言語でも雰囲気で設定できる猛者がいたりもします(笑)。

マニラ・アンヘレスの街中で入手する

街中を移動していると画像のようにGLOBEやSMARTの看板や垂れ幕のようなものをよく見かけると思います。SIMカードはこういったところで気軽に入手できます。だいたい40-60p程度。大差ないのでGLOBEとSMART好きな方を選べばよいと思います。

ウォーキングストリート内だと、Club Atlantisの向かいにあるこちらの携帯ショップが購入しやすいですかね。直近で行ったとき、まだあるか見なかったけど生きてるかな。

購入するときは「ぐろーぶしむぷりーず!」、「すまーとしむぷりーず!」というだけです。

現地SIMのアクティベーション

GLOBE

GLOBEのSIMを購入。60pでした。

中身。

ちなみに自分の番号はここに書いてあります。頭にゼロを足したものが番号です。

とりあえずスマホに合ったサイズに切り抜いて挿入したところ、すぐにテキストメッセージが届きました。4Gの電波をつかんだようです。なお、SIMの挿入口を明けるのに細いピンが必要になります。

友人から自分の番号にかけてもらったところ、問題なく着信できました。超簡単でした。

この時点ではLOADがないので発信はできません。かけると「You don’t have enough load」的なメッセージが。

SIMのパッケージに「FREE 60MB Surfing」と書いてありましたが、残念ながらネットには出られませんでした。まあ普通にLOADをチャージしてGosurfというデータ通信プランに登録すればいいでしょう。ちなみに、店で「きゃんゆー あくてぃべーと?」と聞けば大概はやってくれます。まあ簡単なので頼むほどでもないですが。

データ通信プランのGosurf登録方法は別の記事で。

アンヘレス 通信手段 データ通信プランの登録

2018.12.18

SMART

SMARTのSIMを50pで購入。

開封し、クレジットカード大のカードからスマホに合うサイズにSIM部分を切り出します。最近はどのサイズにもカットできるものしかないので、SIMのサイズは聞かれません。万次郎のスマホは1番小さいnanoサイズなのでそのようにカット。

本体に挿入します。SIMカードを入れる部分を開けるためのピンが付属したSIMカードケースがあると大変捗りますよ。

すぐにSMARTからテキストメッセージが届きました。

端末によりますが、万次郎のスマホはSIMを挿入すると自動でアクセスポイントの設定画面が立ち上がります。よくわかりませんが何となく良さそうなのでそのままに。電波は4Gをしっかりつかんでいるようです。

そしてブラウザを立ち上げてみると…おお、ネットにつながりました。しかも速い。LINEもメッセージ送受信できます。

おそらくパッケージに書いてある「FREE 300MB upon activation(起動次第300MB分無料)」が効いているのだと思われます。「upon loading at least p30 within 3 days from activation(起動後3日以内に30p以上チャージで700MB無料)」という特典もあります。

テキストメッセージの送信はダメでした。電話も発信はダメですね。試しに友人からかけてもらうと、着信は問題なくできました。

SMARTの場合、データ通信プランはGigasurf50とかAllOutSurf99(99pでデータ通信1GBと+テキストメッセージ無制限/7日間)あたりのプランがいいかなと思います。「9999」を宛先に、「Gigasurf50」「ALLOUT99」という本文でテキストメッセージを送ると簡単に申し込みできます。ほかにも複数プランがあるので自分に合ったものを探してみてください。

どのSIMを選ぶべきか

旅行者用SIMか現地SIMか。金額だけでいうと現地SIMの方がはるかに安いのですが、現地SIMは6か月間(確か)使用がないと期限切れで使用できなくなります。したがって、旅行者用SIMを使うか現地SIMをゲットするかは概ね以下のような判断になるかと思います。

現地SIMを買う方がよい場合

最低でも半年に1回程度はフィリピンに行くというフィリピン大好きっ子は現地SIMを買うべきです。この場合、日本への帰国前にLOADのカードを1枚買っておくと飛行機の着陸後すぐ使用可能になり大変捗ります。オキニがいるとすぐ連絡できるのでうれしいですね。

また、年に1回程度しかフィリピンに行かなくても、1回の滞在がある程度の期間になる場合も現地SIMの方がよいように思います。

GLOBE vs SMART

結論から言うと、大差ないのでどちらでもOKです。

万次郎は初めてのSIMがGLOBEだったので何となくずっとGLOBEできていて、愛着というか慣れがあるのはGLOBEでした。ところが、今年あまりフィリピンに行かなかった間にGLOBEのSIMがexpire。試しにSMARTにしてみたところSIM挿入後すぐに通信できたりして意外と快適でした。また肝心のアンヘレスでもSMARTの方がよくつながるような気がしましたね。まあこのへんは完全に個人の感覚で何の根拠もないので話半分で。

旅行者用SIMの方がよい場合

年に1回程度しかフィリピンに行かず、かつ、1回の滞在が1週間以内の場合は、毎回現地SIMを購入するよりは旅行者用SIMの方が気軽でよいように思います。

※2018年2月頃の情報です。

関連記事

アンヘレス 通信手段 SIM、LOAD、定額プランなどのまとめ

2018.12.11