ジャカルタでのGrab活用方法 安くて便利でネシア語不要!!

ジャカルタでGrabは神アプリです。どこへ行くにも非常に便利なので超マスト。ドイツFKK修行におけるDBアプリ並みの重要アイテムですよ。必ず事前に確認しておきましょう。

インストール&登録

まずはGrabのアプリをインストールしましょう。

登録には電話番号での認証が必要になるので、日本にいる間に済ませておきましょう。

Grabの使い方

使い方は簡単です。まずはアプリを起動。GPSをONにしておかないと起動しません。

起動したらアプリの下の方にあるI’m going to…のところをタップ。

行き先を入力すると候補が出てくるのでその中から選択。このブログで紹介する場所は大概見つかります。ここではトランスジャカルタOlimo駅近くのホテルから、HOTEL TRAVELに行く場合を例にみていきます。

ジャカルタの風俗 置屋 HOTEL TRAVEL (ホテルトラフェル)

2018.05.15

次は車種を選びます。四角のところをタップ。

大まかには車かバイクか。安全重視なら車で、機動力と金額重視ならバイクですかね。当然バイクの方が安いです。

必要に応じ支払い方法を変更。現金にする場合は右下枠内の「Cash」のところをタップ。クレカ等その他は左上枠内をタップ。

ここではキャッシュにしました。Olimo駅近くのホテルからトラフェルまで、バイクだとわずかIDR 7K、つまり7,000IDR。日本円だと60円を切るという金額です。内容を確認してBookをタップ。

近くにいるドライバーを検索。少し時間がかかることも。

候補が表示されます。極端に評価が悪かったりしなければタップして選択。

ドライバーの位置が表示されたり、予想到着時間が出たり。

ドライバーから「向かってるよ!」というメッセージが届いたり。自動で翻訳されますが意味不明なことも。

適当に返事したり。

到着するとその旨通知されますのであとは見つけて乗るだけです。ナンバープレートが目印になりますが、たまに違ったりもします(笑)。あとは顔写真も参考に名前を呼びかける感じでしょうか。

現地の電話番号で登録すると、うまく落ち合えない場合や場所の確認で電話が入ることもよくありますが、どうせ会話にならないので出なくていいと思います(笑)。

Grabのジャンパーを着ていることが多いですが、着ていないドライバーもいます。おっ、ドライバー発見。

ドライバーと落ち合った後は、一応行き先の確認がありますが、詳しく説明する必要はありません。バイクの場合、ヘルメットはしっかりかぶりましょう。何があるかわからないので。

あとは車またはバイクに乗って着くのを待つだけです。うほっ!TRAVELだ!

到着したら料金を支払います。表示された料金以外は一切支払う必要はありません。まあ、まず請求もされませんが。

簡単でしたね。短距離でもOKなので気軽に利用できますし、場所の説明や料金交渉といった手間もありません。活用できると非常に便利なのでオススメです。特にKota Indahの置屋群に行く場合はGrabがないとかなり不便ですね。ぜひ試してみてください。

ジャカルタの風俗 Kota Indah(コタインダー)のローカル置屋街

2018.05.17

2019年追記:空港から市内へ向かう際は以下を参照。

Grabでスカルノハッタ国際空港T3からジャカルタ市内へ向かう方法【201908現在】

2019.09.13