JALの「どこかにマイル」はソープガチャだった 炎の高松編(2)

どこかにマイルで行く香川 高松の旅、本編です。

移動

万次郎はANAに魂を売ってSFCになっているので、超ひさびさのJALです。行き慣れた羽田もかなり新鮮に感じます。9:20発高松行きに搭乗。ほぼ満席です。普通席ですがANAより余裕があるような気がしましたね。あと機内Wi-Fiでインターネットができるのは結構な衝撃でした。ANAもがんばってほしいところです。

10:40頃、高松空港に着陸。あっという間でした。到着ロビー出てすぐのところにあったバスの券売機で、瓦町というところまでチケットを購入。710円でした。行き先のバス停のボタンを押すだけで簡単でした。

乗り場は2番。飛行機の発着に合わせてか、すでにバスが待機していて、ある程度乗ったらすぐ発車しました。

11:03バス発車、11:35に瓦町に到着。空港から近いですね。

さて、ホテルのチェックイン時刻までまだかなりあるので一発こなしていくことにします。瓦町にはひとつ有名なチェーン店があるのでそちらへ。

ドMなバニーちゃん

フェチ系の店ですね。何時に到着するか読めなかったので、バス内で嬢をチェックして、バス到着後に電話で予約しました。写真が可愛かったAちゃんを指名、クーポンで60分18,000円、入会金2,000、予約料1,000円、指名料4,000円で総額25,000円。バス停から店に向かいます。

ごく普通の住宅街に突如としてこんな建物が。

なにこれエグい(笑)。店内へ。

即尺オプションが無料ということでお願いします。「トイレで拭いてね」ということでフキフキしてから待合室へ。ガラガラでした。

ほどなく呼ばれてAちゃんとご対面。実年齢23歳、まあまあ可愛いですがややパネマジ気味かな。コンセプトのバニー衣装はかなりエロいです。バブル感のある超絶ハイレグ(笑)。バニーちゃんは良いものです。そしてAちゃん、まさかの東京民。大して調べていませんでしたが、高松は出稼ぎ民が多いようですね。

部屋にベッドに座ると服を脱がせてくれます。そしてすっぽんぽんになったところで即尺。おお…うまいです。バニーちゃんの尺八はなかなか興奮しました。ひとしきりペロペロしてくれた後は風呂へ。Aちゃん結構貧乳ですが乳首がいい色です。そしてつんつるてんのおパイパン。

60分なのでマットではなくベッドで1回戦。ベッドの横には電マとかムチとかギャグボールとかがしれっと置いてありましたが使わず。Aちゃん、たくさんベロチュウしてくれて濃厚なガチスパンを堪能しました。

麺処 綿谷

さて、ソープ店を後にした万次郎、おなかが減りました。ここは香川。食べるものはといえば、当然うどんです。比較的近くにある「麺処 綿谷」というところに行ってみます。途中ずっとアーケード街みたいなところを通ります。この辺は高松で1番イケてるエリアのようです。

綿谷到着。店外には行列なし。

外にあったメニュー。

カウンターに行列はできているもののサクサク進みます。はなまるうどんと同じく、手前のカウンターでうどんを注文、その先でトッピングを選び、最後にレジでお金を払うというスタイルです。

万次郎は牛肉ぶっかけ大とかき揚げを。610円でした。そして実食。おお、これはうまい。うどんは超もっちり、ダシもよく効いていて、甘く煮た牛肉も合います。そして途中からかき揚げを投入。これはジーニアス。大なので量もたっぷり。おなかいっぱいになるまで堪能しました。

その後いい時間になったのでホテルへ。しょっぱい安ホテルですが少し昼寝することにします。

関連記事

JALの「どこかにマイル」はソープガチャだった 炎の高松編(1)

2018.06.17

JALの「どこかにマイル」はソープガチャだった 炎の高松編(3)

2018.06.19

JALの「どこかにマイル」はソープガチャだった 炎の高松編(4)

2018.06.20