JALの「どこかにマイル」はうどんガチャだった うどん編

海外遠征に行く時間がとれない6月。慰みに土日でどこかにマイルによる国内遠征を突っ込むことにしました。

例によって一次・二次ガチャをまわし、決まった行き先は…高松!

本当は高松以外が良かったけど…まあしゃーなしやな。最近やたらとうどん好きなので、うどんに全振りしてみようと思います。

高松へ

連休でも何でもないんですが、羽田への道中も空港もなぜかやたらと混んでおり。

朝も早いので、ラウンジによる時間もなく保安検査を突破して搭乗口へ。高松行きはまさかの沖止め。

そして搭乗。隣が空席で快適です。飛行時間は1時間とのこと。近い…。

定刻より少し遅れて高松空港に到着。

高松駅行きのバスで市街地へ向かいます。

マジキチフェイスの駅に到着。

うどん修行

レンタサイクルを発見。晴れていたのでチャリでうどん修行をすることに。

竹清

10:45の開店と同時くらいに到着。すでに行列ができていました。店員さんはフレンドリーで感じがよい。

回転はかなり速く、そんなに待ちませんでした。うどん1.5玉+卵・ちくわの天ぷらを注文。計400円。

冷たい麺が渡されます。冷やはそのまま、温は自分で湯通しするスタイル。

卵とちくわの天ぷらがおすすめだそうで、ほとんどの人がこの両方を注文しています。ちくわ天、ザクザクで超うまい。

うどんもなめらかでウマい。

ここはかなり気に入りました。

バカうどん

返す刀でうどんバカ一代へ。11:15くらい、行列は10人くらい。

この日は、前回トライしなかった釜バターを。この店は釜バターで有名。

小と天ぷらで590円。生卵を落とし、だししょうゆをかけ、よく混ぜてから食べます。

こうなる。よくカルボナーラうんぬん言われますが、あまりそんな感じはしないかな。一風変わった釜玉。

お風呂

汗をかいたので、チャリでお風呂屋さんのあるエリアへ。

60分26,000円。

城東町は、身バレを避けて関西全域から嬢が集まっている気がします。RAOとかの有名店でちゃんと選べば美人と遊べると思いますが、準備とか予約が苦手なジョリマンさん。この日も案内所で適当に選び、結果も適当に終わった感じ(笑)。

城東町は条例がユルい?そうで、キレイな店が多いかも。厳しい自治体はリノベーションはおろか壁紙も…という話がありますよね。

杵屋 COM高松店

うどん修行にもどります。

冷やしうどんとご飯のセット。暑かったので最高にウマく感じます。

ここでホテルにチェックイン。うどん4玉を腹におさめた状態で少し昼寝…。

鶴丸

ではまた修行に戻ります。前回も来た鶴丸。

カレー天に揚げ餅トッピング。超ウマい。

カレーに浸かった揚げ餅は神がかったウマさ。ただし熱いので口の中がズタズタになります(笑)。

この日はこのまま爆睡。

竹清再訪

翌朝。この日はチャリは使わず、バスと徒歩で竹清を再訪。バスはSuicaも使えて便利でした。

土曜より日曜の方が混んでましたね。

ちくわ天の前にある丸いのは竹の子の天ぷら。こいつが解脱したうまさ。

丸1日ちょっとの滞在時間でうどん5食、堪能しました。では帰ります。

高松空港から羽田へ

バスで高松空港へ。40分くらいだったかな。

ダシが出る蛇口は故障中…。

わりと好きな、地方空港の国際線チェック。高松空港発はこんな感じ。

この日はどんより曇っていました。

そして羽田行きに搭乗。本当にあっという間に到着。帰路に着きました。

まとめ

ほぼ完全にうどんに振ったので夜遊びのブログにあるまじき感じになりましたが、結構楽しめました。

6月を何とか乗り切り7月の海外遠征に備えます。とりあえず、行き先はバンコクとジャカルタ。JGC修行でド短期ですが超楽しみです。

ではまた。