プノンペンの夜遊びまとめ 【2018年12月】

記憶があるうちに一度プノンペンの夜遊びをまとめておくことにします。一部しか押さえられておらず、まだ開拓途中ですが、途中経過ということで。また行こうと思っているので随時アップデートしたいと思います。

ガールズバー

個人的にはプノンペンの夜遊びはこれだけあればいいような気すらします。万次郎は好きです。

場所は以下のあたり。130 Street沿い。Khemarak Phoumin Aveともいうようです。

この通りだけではなく、ここの1本北と1本南の通りにも多くのガールズバーがあったと思います。まあこの辺りを適当に歩けばすぐにわかるので迷うことはありません。

プノンペン・ホーチミン旅行記 2018-19年末年始(1) 初日からガチスパン!!

2019.02.03

遊び方としては伝統の持ち帰りスタイル。持ち帰り前提のキャバクラというのが最もわかりやすいかと思います。ステージもなく、踊っている嬢もいませんが、飲んで連れ出すと言う意味ではゴーゴーバーに近いですね。

金額は、嬢へのチップがショート50-70USD、バーファイン/ペイバー+ドリンク代が30USD前後という感じ。まあ意外としますね。チップは比較的交渉の要素が濃い印象です。ショートorロングも要確認。

言うまでもなく嬢によりますが、プノンペンはまだスレ度が低いなと思いました。この点がストロングポイントかなと。

置屋

プノンペンはわりと置屋がたくさんありますね。伝統と格式の金魚鉢スタイルからエグめの民家風置屋まで様々。なかなか面白いです。行き方や体験記は以下の記事から。

プノンペン旅行記201902(2) 炎の置屋開拓

2019.02.22

Soul Golden City

  • 料金:70-80USD(交渉次第)
  • 嬢の質:3.0/5
  • 嬢の数:4.0/5
  • 清潔度:2.5/5

ネットに比較的情報のあるところ。1度行った限りですが、コスパがいまひとつかな。

Hotel Luxury World

※選べなかったので詳細未確認

金魚鉢スタイル。嬢の数は多く、ベト嬢とクメ嬢混在型。

マッサージ屋

※選べなかったので詳細未確認

マッサージ代15USD+チップ。金魚鉢スタイル。嬢の数はまあまあでしたが、レベルがひまひとつ。

MHホテル

※選べなかったので詳細未確認

マッサージ8USD+チップ。おそらく50USDくらい?わりと場末感漂う感じ。金魚鉢ではなくフロアにワラワラいる感じ。数は結構いましたが、レベルは微妙。中心部からちと遠いのが難点。空港の方です。

セルシー

  • 料金:総額80USDくらい(スパン50、部屋代10、ドリンク10)
  • 嬢の質:2.5/5
  • 嬢の数:2.5/5
  • 清潔度:2.5/5

ハードプレイが売りとかそうじゃないとか…。レベルはわりとドイヒー。たぶんもう行かない。

プノンペン・ホーチミン旅行記 2018-19年末年始(1) 初日からガチスパン!!

2019.02.03

ローカル置屋群

  • 料金:30USD前後(交渉次第)
  • 嬢の質:2.5/5
  • 嬢の数:2.0/5
  • 清潔度:1.5/5

プノンペンの北の方、St80あたりに置屋が点在しています。結構汚いですが、万次郎はギリ許容範囲。安いですがレベルはお察し。

これは食堂一体型。ローカルピーポーがメシ食ってる奥が待機所で、ちとビックリします。

大通り沿いのなんちゃってカフェ風とか。

意外とキライじゃないですね。

ポン引き

調査中。

1度ポン引きについてったときは、上記のローカル置屋群に連れて行かれました。

車で顔見せするタイプもあるようなので次回チャレンジしたいですね。

その他

調査中…

※すべて2018年12月現在の情報です。