プノンペン・ホーチミン旅行記 2018-19年末年始(4) 今日からホーチミン!

2018-19年末年始遠征、4日目です。この日はホーチミンに移動します。

お別れスパン

起床、例によってホテルの朝食を。今日はスパニッシュオムレツにしてみました。写真と全然違う(笑)。

さて、今日は早くもプノンペンに別れを告げ、ホーチミンに向かいます。

日本発着のフライトはANAの特典航空券ですが、成田→プノンペン、ホーチミン→成田、というオープンジョーチケットにしたのでプノンペン→ホーチミンは自分で手配しました。

地図を見るとわかるのですが、プノンペン・ホーチミン間はかなり近いです。陸路という選択肢も存在していて、まあ時間も興味もなくはないのですが…面倒なのでパス(笑)。ふつうにベトナム航空でチケットを購入しました。金額は1.2万円ほど。

ANA便利用ではあまり気にしたこともないのですが、ベトナム航空は荷物の重量制限が7kgということだったのでそこだけ気を付けました。重めのものはポケットに入れたりとか。

というわけで、朝食後はダラダラしたりしつつ荷造り。と、ここでLINEの通知。初日・2日目と遊んだRちゃんです。

「あと10分でプノンペン着く」

マジで!?昨日の午前中に帰省したはずじゃ…。

「数時間だけいて、すぐ帰ってきた」

Oh…

部屋くる?と聞くと

「…行く。」

あと2時間くらいで出るんだけど…まあいいか。

シャワーを浴びて待っていると、ほんとに15分くらいで到着。ホテルの入り口まで迎えに行きます。

Tシャツにオーバーオールみたいなのを着ていて超可愛い。手をつないで部屋へ。室内に入るなり抱きついてくるRちゃん。

イチャイチャしていると、「マッサージする」と言って万次郎のチ●ポをまさぐりだすRちゃん。勃起したのを見て「Get up」とか言って喜んでいます。なんじゃこりゃ(笑)。

完全に予想外の展開ではありますが、据え膳食わぬは何とやら、まさかのお別れガチスパン!

Rちゃんはいつもビシャビシャなのであっさりと飲み込まれました。別れを惜しみつつのラストスパンはなかなか思い出深いものになりました。

軽くシャワーを浴びてからまたイチャイチャ。Rちゃんたまに涙ぐんだりして超可愛いです。あざと可愛いとかいうレベルじゃないですな。たぶんピュアなのでしょう。

冬の日本を発つにあたり、着古したシャツを着て行って、プノンペンで捨てようと思っていました。ちょうど荷造りを終えた後で、ベッドにそのシャツを放置していたのですが、Rちゃんになんの気なしにこのシャツ要る?と聞いたところ、なぜかとても喜んでしまい。

あー…しまったな、こういう感情がこもりやすいものは、安易にあげるべきじゃなかった…。とはいえ、やっぱダメとも言えず。うーん。まあいっか。

空港へ

その後はホテルをチェックアウトし、11:25頃PassAppで手配した3輪タクシーで空港へ向け出発します。

Rちゃんとはここでお別れ。空港まで一緒に行く?と聞きましたが、「泣くから行かない」とのこと。

約40分でプノンペン国際空港に到着、運賃は1.5万リエル。4$で支払い、面倒なのでお釣りはチップに。

ベトナム航空は入り口から見て右手奥の方。エスカレーターの正面あたり。どうせ激混みなんでしょハイハイと思いながら向かうと、何と無人で0秒チェックイン。もしかして機内も空いてるのかしら。

荷物は測ってみると5kgで余裕のクリア。大きい荷物と別に小さいショルダーバッグを持っていましたが特に何も言われず。

https://www.vietnamairlines.com/jp/ja/travel-information/baggage/general-info

ベトナム航空機内持ち込み手荷物

36(A) X 23(B) X 56(C) cm
(A) + (B) + (C) < 115 cm
安全規格に準拠して、機内手荷物の1個あたりの重量7キロ以内、縦・横・高さの合計が115センチ以内 (縦 36 センチ x横56センチx高さ 23 センチ)となっております。

印刷したeチケット控えを出しましたが、パスポートから読み取ったようで要らないとのこと。

あっという間にチケットをゲット。13:50発なんですが、13時には搭乗口にいろと書いてあります。早くね?

イミグレと保安検査は2階。ベトナム航空のチェックインカウンター正面にあるエスカレーターで。

イミグレはガラガラで待ち時間なし。アライバルカードと対になっていたDeparture Cardはパスポートにホチキスで綴じられていましたが出国時にイミグレで回収された様子。

さらに進んで保安検査。靴まで脱がされるスタイル…。

そしてここで悲しい事件が。ホーチミンではバイクに乗ろうと思って日本からチェーンロックを持ち込んだのですが、これが保安検査て引っかかりまして。バイク用なんスけど!と抵抗するも、「わかるけどダメなものはダメ」と。

「預け荷物なら大丈夫だけど…戻る?」と聞かれましたが面倒なので諦めました。ANAは全然問題なかったんですけどねー。残念。チェーンがダメなのかね。次からU字ロックにしてみるか。

保安検査を抜けるとすぐに免税店エリア。チラッと見て回りますが興味を引くものがない。

何があるかわからないので早めに搭乗口をチェック。この日は9番でした。

搭乗口の様子が見えるところにスタバがあったのでコーヒーと軽食を。6$。たけーな。

VN921 PNH->SGN

コーヒーを飲みながら搭乗口の様子を見ていると、13時過ぎには搭乗が始まりました。13:50発なのに、やっぱ早いよね。

万次郎も搭乗。3列×3列の小ぢんまりした機内。エコノミーですが隣に人がいなかったので快適でした。結構ガラガラで半分埋まっているかどうかくらい。バラバラとは座らせず、比較的に後方固められている感じです。

機内モードに切り替える前にSIM2FLYの通信量を見てみると…何と100MBもいっていない。まあ、あんまりネット使わなかったしね。

CAは男性が数名、見える範囲には2人だけ女性。イメージカラーであるエメラルドグリーンみたいな色のアオザイを着ていて超可愛い。高まります。

意外なことにチラホラですが日本人もいました。日本語を聞きたくない(笑)。

13:35、飛行機が動き始めました。何か予定より早い気がするんスけど(笑)。そして13:45にテイクオフ。やっぱ早い…。まあいいけどさ。

さらばプノンペン。超楽しかったわー。あんまり調査もできていないので再訪決定です。Rちゃんにも会いたいし。

さて、飛行時間はわずか1時間。やっぱ近いっす。

機内食はなく飲み物の提供のみ。ボーッと窓の外を眺めているとあっという間に着陸態勢に入ります。

14:20、タンソンニャット国際空港に着陸。45分で着いちゃったんですけど(笑)。飛行時間1時間て書いてあったやんけ。早い分にはいいけど。

カンボジアとベトナムの間は時差なしなので時刻変わらず。どちらも日本と2時間差です。

ボーッとしていてSIMの入れ替えを忘れていました。SIM2FLYも電波は掴むようですが接続はできず。

14:30頃からイミグレの列に並びましたがもう人大杉。

35分ほど並びました。この間にSIMの入れ替えを。amazonで事前購入しておいたものです。メッセージが届いてあっさりとつながりました。接続先はMobifone。

肝心のイミグレはといえば、入国書類は不要でパスポートの提示のみ。なんの質問も受けずビザも不要。楽になったもんです。

15:05、到着ロビーに出ます。軽くSIMの価格調査を。出口付近のSIM屋兼タクシー屋では写真を撮るなと怒られました(笑)。

そしてATMでVNDをゲットしたら早速市内へ向かいます!

109番バスで市内へ

例によって109番バスで市内に向かうことにします。以下の記事から特に変わりなし。2万VND。「Where do you go?」にはラストストップかファイナルストップと。

ホーチミン タンソンニャット国際空港-市内間の交通手段 109番バスとタクシー

2018.12.19

ATMから出てきたのが50万VNDのみで、お釣りがないと言われてしまいました。USDだと?と聞くと1USDとのことで、ちょうどプノンペンで使い残した1USD札があったのでそれで支払い。ATMでは例えば390万VNDとか半端な額を引き出した方がいいですね。少々うかつでした。

15:17発車。今回はほぼ満席です。ホーチミンは雨が降っていた様子。今は止んでますが。

発車後お姉さんが検察に。1USDと引き換えにもらったチケットを渡し、切れ目を入れて返されます。ここでも行き先を聞かれ、同様に応じました。

バスは市内をまあまあ順調に走り、15:55頃に終点のバスターミナルに到着。

Duc Vuong Hotel

ここから5分ほど歩いて宿泊するDuc Vuong Hotelへに到着。

スーペリアダブル朝食付、8泊で704万VND。3.3万円くらいですかね。このときのレートは100万VNDが4,740円くらい。ゼロを2つ削ってから半分にすると大体の見当がつく感じです。

チェックイン時に「オーバーナイトでゲストを呼ぶときは10万VNDですよ」と言い添えられました。どうも、そういうオーラは隠せないようです。知ってる!と元気に答えておきました。ちなみにオーバーナイトでなければいいとのこと。ほんとかいな。

チェックインを終えて16:15に部屋に入ってホッと一息。ちと疲れたので軽く昼寝しておきます。何か雨も降ってきたし。そういやいつも乾季にしか来ないので、ホーチミンの雨降りは初めて…


起きると19:30くらい。普段はあんまり寝ないのですが、遠征に来ると結構寝てしまいます。

とりあえず朝メシ以降まともに食べていないので食事に。雨もポツポツくらい。

何度か来ているAsian kitchenへ。観光客向けですが、あまりハズさないので。バインセオ8万VNDと謎麺6.5万VND、それとコークライトで会計16.7万VND。800円くらいですかね。安いか高いか微妙なところ。味はまあまあウマいです。

Dung Spa

この日はRちゃんと濃厚お別れガチスパンをしていたので軽めにしておくかということで近くにある手コキマッサージ屋へ。

フット20万VND、ボディ30万VNDという設定。ここに手コキ代が加算されます。

シャワーを浴びるか聞かれましたが面倒なのでパス、変な服に着替え上の階へ。

ウナギの寝床に寝転がっていると嬢がやってきました。

おっと、BBAやな。そして可愛くない。手コキ誘われたら、マッサージを手抜きされないあたりまで引っ張って断るか…と考えながらマッサージを受けます。BBAだからか、まあまあ上手。

このBBA、断りもなく手コキを始めてしまいました。始められるとこちらも気持ちいいのでストップかけづらい(笑)。仕方ないので片手でブラホックを外し乳もみ、アソコすりすりなどをしながら発射!んー、ムダ撃ちした気がしないでもない。

金額交渉をしていないので部屋を出る前にチップで軽く揉めます。BBAは30万VNDから譲りませんが、お前が勝手にやったんやろといって20万VNDで押し切りました。

ここ、まあまあ清潔だけど選べないうえハズレがいるからなあ。

ホーチミンの夜遊び エロマッサージ 手コキからスパンまで 【2019年最新ベトナム風俗】

2019.01.17

帰りにベトナムコーヒー3万VNDを買って飲みながら帰ります。超甘いですがウマいです。

そして夜遊び人の生命線であるヤクルトなどの買出しを済ませてから部屋に戻って爆睡!

4日目の費用: 1.2万円+5USD+774万VND

3輪タクシー4USD、ベトナム航空1.2万円、109番バス1USD、ホテル704万VND、夕食16.7万VND、手コキマッサ40万VND、コーヒー3万VND、買出し10.3万VND

関連記事

プノンペン・ホーチミン旅行記 2018-19年末年始(1) 初日からガチスパン!!

2019.02.03

プノンペン・ホーチミン旅行記 2018-19年末年始(2) これは川ですか?

2019.02.04

プノンペン・ホーチミン旅行記 2018-19年末年始(3) 今日はダラダラします

2019.02.05

プノンペン・ホーチミン旅行記 2018-19年末年始(5) テッパン2店を定期巡回

2019.02.07

プノンペン・ホーチミン旅行記 2018-19年末年始(6) ホーチミン10区置屋を定期巡回、からのエロマッサ@レタントン

2019.02.08

プノンペン・ホーチミン旅行記 2018-19年末年始(7) ピンサロと立ちんぼとBBA

2019.02.09

プノンペン・ホーチミン旅行記 2018-19年末年始(8) まだ見ぬベトっ娘ちゃんを求めて...

2019.02.10

プノンペン・ホーチミン旅行記 2018-19年末年始(9) 置屋探索&ベトっ娘ちゃんとデート

2019.02.14

プノンペン・ホーチミン旅行記 2018-19年末年始(10) ベトっ娘ちゃんと年越し

2019.02.15

プノンペン・ホーチミン旅行記 2018-19年末年始(11) コリアンタウンよくばりセット&カフェオム探索

2019.02.16

プノンペン・ホーチミン旅行記 2018-19年末年始(12) 高級ホテルからのレタントン遊び

2019.02.17

プノンペン・ホーチミン旅行記 2018-19年末年始(13) ホテル置屋とセクシー床屋で活動終了

2019.02.18

プノンペン・ホーチミン旅行記 2018-19年末年始(14) 帰国と旅のまとめ

2019.02.19