プノンペン旅行記201902(2) 炎の置屋開拓

2019年2月プノンペン遠征、2日目です。炎はウソです。

有名置屋へ

まずは朝から濃厚ガチスパンをかまします。

その後、適当な理由をつけて嬢を帰してから朝食。二度寝しつつ、ゴロゴロしながらネットで適当に置屋情報を収集。2軒の置屋は複数情報があって、そこそこ有名な様子。行ってみますか。

Soul Golden City

ホテルからPassAppで手配した3輪タクシーに乗り10分程で到着。

場所はこちら。

色が何ともいかがわしい。

ロビーみたいなところで1人の嬢が待機しています。マッサと言うと、エレベーターを指差して上がれ的な。

5階に到着。閑散としたフロアにレセプション、その背面に金魚鉢!

どの嬢も盛んにアピールしてきます。14時少し前の訪問で嬢は30人弱ほどだったでしょうか。 

かなーり若い嬢を選んでみます。年齢を聞くと19歳とか。んー?まあいいか。身長150cmないくらいでロリ感満載。

おっと、選び終わった瞬間から塩っ気を出してきました(笑)。レセプションでマッサ代8USDを支払ってから一緒に部屋へ。

部屋に入るやいなや交渉開始。最初は100USDの提示。70USDくらいを目指していたのですが、80USDから頑なに譲らず。んー、時間ももったいないし、無理しても仕方ないからと80USDでディール。

1人でシャワー。バスタオルは毛羽立ってバリッバリ…。嬢もシャワーを済ませプレイ開始。 

乳首舐め手コキからローションをつけてすぐ挿入。BJは断固拒否!

まあいいかと合体。騎乗位からスタート。小柄なので身体が軽くていいやね。

そして正常位に移行。身体が小さいのでイケナイことをしてる感が…。

そして最近気が付いたことが。塩スパンだと明らかにイクのが早いです。そういう趣味なんだろうか…。確かに睨まれおせっせとか好きだけどさ。

そんなわけで塩対応だったのでサクっと発射。すぐにシャワーを浴びて、チップ80USDを渡します。

嬢はチップを受け取ると振り返りもせず1人で部屋を出ていきました。勃起しちゃう。

Hotel Luxury World

場所はこちら。

入り口は北側。階段で2階へ上がります。

マッサと言ってドアの中に入ると金魚鉢!クメール嬢とベト嬢でTシャツが違うとか。

うーん、ちょっと選べない。ここはスルーします。

置屋開拓

さて、情報収集してあったのはここまで。あとは完全に行き当たりばったりです。

Luxuary Worldの前で、例によってバイタクのドライバーにブンブン!と言って置屋を知らないか聞いてみます。お、知ってるらしい。じゃあ行ってみましょう。

M H Hotel

ドライバーはミンホンホテルと言っていました。クメール語だとសណ្ឋាគារ អឹម អេចらしい。読めるわけねえ。

交差点に面した入り口ではなく、南側の122stにある入り口から入りました。

マッサ!と言うと階段で上がれと。2階へ。

おっと、ひな壇ではなくフロアに嬢が座っているパティーン。歩き回れるので至近距離で確認可能。

ただ、このときのレベルはちょっと微妙でした。ベトナムはおらずクメール人のみ。

マッサージは8USDとのこと。結局選ばずに退散。

場末感の漂う雰囲気的からすると、チップ50USDが相場って感じでしょうか。予想ですが。

さて、また適当に拾ったバイタクにブンブン言って次へ。

マッサージ屋

連れてこられたのはこちら。

座標でいうと11.5568999, 104.9223069あたり。

見た目はマッサージ屋です。かなり色黒の太った兄ちゃんが見張りをしています。

勝手に入って2階へ。

お、ここは金魚鉢ですな。何とか選べそうなのからBBAまで。

マッサージ代は15USDとのこと。高い?ボられてる?

いまひとつだったのでここでも遊ばず。

拾ったバイタクにブンブン言って次へ。

NAGAWORLD

ありゃ、置屋じゃないところに連れてこられてもうた。夜はフリーランサーがいるとか何とかってところみたいです。

せっかく来たので中へ。王様!

お、カジノやんけ。天井が高くて空の絵で開放感。

バカラは客にめくらせないパティーン。客がチラ見して時間をかけるのが嫌いな万次郎にはぴったりですが、今は置屋やねん。

外に出たところに待機していた野良バイタク。1番ゲスい顔の奴に話しかけます。

ブンブンプレイス?

「Yes I know」

やるやないか。よし行こう。2USDでディール。

St80あたりの置屋群 

1軒目

連れてこられたのは民家の土間みたいなところ。

このへん。

置かれたレジャー風の椅子に嬢が2人。さあヤレと。マジかおい。

いくらか聞くと30USDとのこと。1人は30USDならいいかなって感じでしたが…まさかのスパン拒否!

ドライバーにダメやんけという顔をすると「じゃあ次行こう」と。

2軒目

このあたり。

入り口にBBAが座っているだけのただの民家…。BBAに連れられ中へ。

この後ショーアップやろなあ…と思っていると、まさかのBBAが相手!

いやいやいやいや!ヤング!ヤング!と言うと、奥からパンチの効いたヤング!なんだよここ(笑)。

値段は聞きませんでしたが…これはアカン。

ドライバーにふざけんなという顔をすると、「テクニックは良いんだよ…」とか訳のわからんことを言っていますが、無視して次へ向かわせます。

3軒目

ここでした。

外観は完全に食堂。というか実際に食堂で、ローカルがメシ食ってます。

なんじゃこりゃ…と思いながら食堂スペースの奥に入ると、テーブルに嬢が5人程座っています。おっと、今までで1番マシ。

1人多少英語のわかる嬢がいて、なんぼやと聞くと50USDと。たけーなと言うと憤慨していますが、すぐにじゃあ40USDなら?と。

30USDならいいよと言うとあっさりOK。これはおそらく20USD前後が相場な感じと予想。

まあもう言ってしまったので30USDで。選んだのは22歳、バッキバキのクメール顔。

ではプレイルームへ。Oh…

天井が180cmくらいしかない部屋で、エアコンなどなく扇風機のみ。当然シャワーもなし。マットは床に直置き。とはいえそこまで強烈に汚い感じはせず何とかいけそう。

無言で服を脱ぐ嬢。万次郎も服を脱ぎます。マットに仰向けにされ、適当手コキで勃起したらすぐにG着。

そして嬢は正常位の体勢になり挿れろと。今日3発目、こんな小汚いところでもフル勃起の万次郎さん。嬢の小さなアソコに突っ込みます。

キスは断固拒否でしたが、ウブな反応で意外と楽しめました。おっぱいもわりと大きく、目を開けてもらって見つめ合いながらフィニッシュ!

発射後はウェットティッシュでおチ●ポ様をフキフキ。

こまかいのがなく、お釣りをもらうの図。

嬢に30USDを渡してバイバイ。

川沿いを散歩

外に出ると、なぜかドライバーが待っていてチップくれと。まあ3軒周ってくれたので1USDあげておきました。

ドライバーは万次郎を乗せて帰りたいようでしたが、川沿いを散歩しながら帰ろうと思っていたのでここでさよなら。

ホテルの方向へブラブラと歩いていると、川沿いにイタリアン系のレストランが。ちょうどピザなんか食べたかったので入ってみます。ピザとスパゲッティとコーラ。

 

風に吹かれながら、少しずつ夕暮れから夜になるのを眺める。

これはとても気持ち良かったですねー。

会計は12USD。まあそんなもんですかね。

さらにリバーサイドで適当なマッサージ屋へ。フット8USD。相対的にマッサージが高い気がしてきた…。

そしてチップ要求もなかなかで、2USD渡しても不満そうという。

その後はおかしの買出しなど。コンビニでこんなものまで売っているとは…。

部屋に戻ります。結構疲れたので嬢からのオニ電を無視してそのまま爆睡…。

2日目の費用: 163USD

置屋88+30USD、バイタク計15USDくらい、ピザ12USD、マッサージ10USD、買出し8USD

関連記事

プノンペン旅行記201902(1) バンコクを華麗にスルー【2019JGC修行Reg1】

2019.02.21

プノンペン旅行記201902(3) イチャラブスパンからのポン引きチャレンジ

2019.02.23

プノンペン旅行記201902(4) バンコク7時間チャレンジ【2019JGC修行Reg2】

2019.02.24