プノンペン旅行記201902(4) バンコク7時間チャレンジ【2019JGC修行Reg2】

2019年2月プノンペン遠征最終日。バンコクに移動してから帰国しますが、せっかくなのでちょっと遊びます。

FD609 PNH->DMK

Air Asia 9:10-10:10

早起きして嬢を帰してから空港に向かいます。

PassAppで3輪タクシーを手配し、25分程で空港到着。運賃は4USD弱。

早速チェックインを…と思いましたがまだゲートオープンしておらず!張り切って早く来て損した。エアアジアは勝手がわからん。

2時間前にカウンターオープン。チケットをゲットし、保安検査と出国審査を突破して搭乗口へ。

ところが搭乗時刻になっても飛行機は姿を現さず。こんなもんなんでしょうか。

元々の出発時刻になってようやく搭乗開始。そして9:30頃、飛行機が動き出してからは離陸までスムーズでした。

10:45頃ドンムアン着陸。サクサク歩いて11:00前にはイミグレの列に。前のインド人?がめちゃくちゃ時間を食って15分くらいロス。

11:30頃、到着ロビーへ。

バンコク7時間チャレンジ

さて、ではここからです!帰りのフライトは22時くらい。安全も見て18:30くらいには空港に向かいたい。残された時間は…7時間か。

この7時間で、次のミッションをコンプリートしなければなりません。

  • うまそうなメシを食う
  • スパンをする
  • メシを食う
  • スパン
  • メシ

非常に過酷なミッションですが全力を尽くしたいと思います。

まずはSIMをゲットしますか。プノンペンで使っていたSIM2FLYは、電波はつかむものの接続できないため。

到着ロビーで適当にツーリストSIMを。1日用のデータ通信SIM、199THB。律儀に1THBのお釣りをくれました。SIMの入れ替えまでやってくれて楽々。

そして空港の外へ。停車していたA1バスに乗車。

車内で30THB支払い。25分程バスに揺られ、モーチット駅で下車します。

モーチットからBTSに乗ってみます。Suica的なやつを買うつもりでしたがカウンター激混みのためスルー。

切符の買い方がわからず、戸惑いながらもBTSの当駅始発に乗車。とりあえずプロンポンに向かってみることに。

プロンポンで下車。とりあえずメシを食います。

パッタイとソムタムで230THB。実は初ソムタムでしたがウマくてびっくりしました。

その後はエロマッサージ屋さんへ。90分で2,300THBだったかな。

まあまあちゃんとしたマッサージの後は、おっぱいヌルヌルマッサージに移行。控えめに言って最高ですね。

いったんヌルヌルを流してからスパン。この嬢、身体の柔らかさを活かして奥までズッポリ入る体勢になり、自分から貪欲に腰を振ってイっていました。タイガール攻撃力高いな。

万次郎も楽しんでからフィニッシュ。このときのレートで8,000円くらいですか。絶対値としては安くないけど、コスパは高いですね。

店を出た後はまたメシ。適当に探した麺屋さん。

んー、あまり好みではなかったです。90THB。

続いて健全マッサージへ。タイマッサージで90分550THB。痛気持ちいい。

チャレンジは続きます。ここからさらにエロマへ。60分2,000THBだったかな。

ショーアップで美しい黒髪とスタイルの嬢がいて、完全にチンピクしたので指名。

この嬢、日本語かなりできます。KTVなどを除くと、他国ではあまり起こらない現象なので少々戸惑う(笑)。

あまり日本語も聞きたくないので、言語設定は英語でプレイ開始。

マッサージは微妙でしたがフェラが上手。ベロベロいってくれます。

そしてスパン。ベッドの横が鏡で、嬢の身体が小さいので種付けプレス風な様子が見えるという。自分で笑ってしまいながら発射!

時間もだいぶなくなってきました。最後にもう一度メシを。屋台のチキンライス屋へ。

HengHeng Khao Man Khaiだったかな。ラージで50THB。

残念ながら、非常に汚い食べ方をする某国人と相席になってしまい…。まあいいや、うまかったので。

食べ終わったところで18:30。ここでタイムアップです。

帰国…

7時間チャレンジ終了。思っていた以上に楽しめました。満足したし、帰りますか。

プロンポンから空港へ向かいます。パヤータイ駅でエアポートリンクに乗り換えてスワンナプーム国際空港というルート。

運賃は計85THBとか。めちゃくちゃ安いですね。この移動に限らず、プノンペンから来るとタイの公共交通機関の便利さに驚きます。

19:15空港駅到着。エスカレーターで上がると超ダルいですね。失敗した。

スワンナプームは2次元バーコード使えて便利ですね。保安検査もイミグレもまあまあサクサク。

19:45くらいにはサクララウンジに入れました。

ちと変わったつくりですな。超縦長。

とりあえずシャワーの順番待ちを入れてからカレーなど。

さすが日系航空会社のラウンジ。フード類も気が利いています。

シャワーは日本のラウンジには及ばず。ちとショボめ。

21時くらいからめちゃくちゃ混んできて、席に座れない人もいたりとか。

搭乗時刻が近づいてきたのでラウンジを出ます。

JL34 BKK->HND

22:05-5:40 自腹プレエコ

実は、日本到着後はエクストリーム出社の予定でして。社畜の辛いとこね、これ

それもあって、搭乗前にドリエルとほぼ同じ成分のレスタミンコーワを服用。さらに快適アイマスクとノイズキャンセリングイヤホン+快眠音楽のコンボ。そのおかげか、機内では着陸態勢に入るまで爆睡!

そして日本時間5:30着陸。そういえばこれJGC修行だったわ。Reg2が終了しました。

獲得FOP 4,704

累計14,408FOP

4日目の費用: 4USD+5,549THB

3輪タクシー4USD、SIM199THB、バス30THB、メシ230+90+50THB、エロマ2,300+2,000THB、健全マッサ550THB、BTS100THBくらい

費用のまとめ

4日間の旅程、費用の総額は以下の通りでした。

  • 13万円
  • 561USD≒約6.2万円
  • 5,869THB≒約2.1万円

このときのレートで約21.3万円程。JGC修行であることを考えると、まあこんなもんでしょうな。

旅のまとめ

プノンペンは2回目でしたが、ぼちぼち調査もできました。

総合的にいうと、ガールズバーで良嬢を見つけ、いわゆるSteady Barfineをしていくのが最も効用が高いかなと思います。置屋めぐりも楽しいですが、まあこのへんは好みですね。

プノンペンは雰囲気が気に入っているのでまた行きたいと思います。

そしてバンコク。かなり楽しかったです。最後にバンコクに来たのはたぶん6-7年くらい前だったでしょうか。当時アンヘレスにどっぷりだった万次郎が軽い浮気心で来てみたところ、全裸で激しく踊るゴゴ嬢を見てぶん殴られたような衝撃を受けたことを覚えています。

その後は大した理由もなく再訪していなかったのですが、メシはうまいしエロマは良い遊びだったのでぜひまた来たいと思いました。ゴゴはだいぶ高騰して大変みたいですが。あと竿有LB童貞捨てたい。

そんなわけで一応JGC修行でしたが普通に楽しんで旅を終えました。いやー良かった。

今後の予定ですが、国内で軽めのすすきの遠征を経てから3月はベトナム某所!勃起します。

ではまた。

関連記事

プノンペン旅行記201902(1) バンコクを華麗にスルー【2019JGC修行Reg1】

2019.02.21

プノンペン旅行記201902(2) 炎の置屋開拓

2019.02.22

プノンペン旅行記201902(3) イチャラブスパンからのポン引きチャレンジ

2019.02.23