ベトナム旅行記 2019GW (8) ラオカイ撤退もったいない

2019GWのベトナム遠征、8日目です。

1発目

午前中は二度寝しつつダラダラ過ごしてから置屋エリアへ。

ちょこちょこ見かけて気になっていた嬢がいたので入ってみます。

若くて明るいナイスな嬢。一緒にニャギへ。

おっと、このニャギはシャワールームにソープがない。と思ったら部屋にアメニティとして置いてりました。トリッキーやな。

この嬢は完全即ズボ仕様。潤ってない状態で挿れるというのはあんまりない経験ですが…ヌルヌルしないので、ゴムの中でチ●ポが動いているイメージ(笑)。

わりと可愛い嬢でしたが、気持ちよさ的にはいまひとつなスパンでした。

とはいえ、ラオカイ修行を積んできたジョリマンさんは発射余裕。サクッとフィニッシュ。ふむ。

ラオカイを離れる準備

ラオカイは結構単調で飽きてきたので、予定を1日切り上げて明日ここを発ちハノイに向かうことに決めた万次郎。

駅周辺でバスのチケットが買えるという話だったので、タクシーで行ってみます。

近いのですぐに到着。駅はこんな感じ。

それっぽい所に入ります。駅を背にして左手、四角で囲ったところ。

このへん。座標でいうと 22.4915200, 103.9782307 とか。

スタッフはわりと英語ができるので簡単にチケットを入手できました。

ハノイまで21万VND。でもこの表示を見ると23万って書いてあるな…。

1時間に1本ということだったかな。バス発車時刻の40分前にホテルまでミニバスで迎えに来てくれるとのこと。

準備完了です。

国境へ

特にやることもないので中国の国境へ行ってみることにします。

Grab4万VND。これまたすぐ到着。小さい町です。

陸路の国境というのはなかなか面白いもんですね。

河口にも行ければよかったんですが、ベトナムのマルチビザを持っていないので眺めるだけ。

ひとしきり人々が行き交う様をぼんやり見た後は、ホテルまで散歩がてら歩いて戻ります。

途中、ウマいという話をみかけたバインミー屋へ。

2個で3.5万VNDというアホみたいな値段。

部屋でむぐむぐ食べてから少し昼寝…。

2発目

昼寝から目覚め、19時くらいに再び置屋エリアへ。

夜はだいぶメンツが変わります。夜の方が断然良いのですが…難点は「白塗りオバケ」になる嬢がいること。

昼はスッピンの嬢も、夜は顔に粉を塗りたくってオバケになることがあります。人間椅子とか神バンドみたいになって笑えます。

この晩も丹念に巡回。結果、夜のみ嬢のいるカフェで、この旅で一番可愛い嬢を発見!

若くてかなり可愛いです。

マグロもマグロですが、わりと従順な感じ。スパンになると、切ない吐息を漏らしていて可愛かったです。非常に満足。

何となくウルトラ怪獣っぽい体勢。こうなるとどんな可愛い嬢も台無しです(笑)。

3発目

この日は最後なのでもう1発やっていくことに。と、その前にちょっと休憩。

置屋エリアすぐ近くにあるコーヒー屋。スパンの合間の休憩にピッタリです。

COFFEEの真ん中のやつがミルク入りだったかな。

メニューでわからないことがあれば、超愛想の良い店主がGoogle翻訳で親切に教えてくれます。

2.5万VNDのミルク入りコーヒー。

小一時間休憩してから置屋エリアに戻ります。締めくくりの嬢を探してウロウロ。

若い巨乳嬢を発見。可愛さはボチボチくらいですが、愛嬌のある感じだったので指名して一緒にニャギへ。ブサカワ巨乳最強説。

まだ若いのでゴムまりのごとくはずむような弾力の巨乳。これは幸せお乳。ジーニアスです。

キャッキャした感じでしたがスパンになるとおとなしく抱かれる感じ。ラオカイに来てから、激辛じゃないだけで女神に見えるという病気にかかりました。

ラオカイ、体感的に明かりを暗くしようとする嬢が少ない気がしますが、この嬢も明るいまま。

ハリのあるパイオツがプルプル揺れるのを眺めながらフィニッシュ!締めくくりの一発を終えました。

その後はホテルに戻り、バインミーの残りを食べて軽く荷造りしてから就寝…。

ラオカイまとめ

ホーチミンとの対比もあり、ラオカイ滞在3日目くらいで若干飽きがきました。コンビニがないとか、ウマそうなメシ屋がないとかいうのも影響して、オラこんな村イヤだとばかりにこの翌日ハノイに向かったわけですが、ラオカイ最終日であるこの日の夜くらいから妙にブーストがかかりまして。ハノイに向かうバスの中で、もう1日いたかったなと思いました。

次の日の記事に書きますが、結果的に予定を切り上げてハノイに行ったことは大失敗!ハノイは人がめちゃくちゃ多く、クソ田舎から来ると地獄のようでした(笑)。

ハノイから近いトゥーソンの置屋にでも行こうかと考えていたのですが、イヤになってホテルの部屋でゴロゴロするという結末(笑)。

今思い返すと、ラオカイは良かったです。田舎なのでユルいし、嬢のマグロ度は高いものの、しっかり選べばわりと可愛い嬢とまあまあのスパンができるし。激安なので軽い気持ちでスパンできるのもいいです。ハノイで失ったものの大きさに気付くという。

というわけでラオカイはぜひまた行こうと思っています。楽しかった。

8日目の費用: 129.5万VND

置屋30万VND×3、バスチケット21万VND、バインミー7万VND、コーヒー2.5万VND、Grab9万VND

関連記事

ベトナム旅行記 2019GW (1) 初日から置屋開拓【2019JGC修行Reg11】

2019.05.22

ベトナム旅行記 2019GW (2) エロマッサで抜きまっせ

2019.05.23

ベトナム旅行記 2019GW (3) 超長距離射程攻撃的ベトっ娘ちゃん

2019.05.24

ベトナム旅行記 2019GW (4) 置屋ばっかり行くマン

2019.05.25

ベトナム旅行記 2019GW (5) 炎のラオカイ編突入

2019.05.26

ベトナム旅行記 2019GW (6) ラオカイの解をみた(みたとは言っていない)

2019.05.27

ベトナム旅行記 2019GW (7) サパへ観光に行くの巻

2019.05.28

ベトナム旅行記 2019GW (9) 帰国と旅のまとめ【2019JGC修行Reg12】

2019.05.30