ジャカルタ旅行記 201908 (1) エクストリーム・ジャカルタ

夏休みのパタヤ遠征が終わり、ボーッと過ごす日々のなかで、いつものように手慰みでポチポチと航空券を探しておりました。

ジャカルタでTinderっ娘ちゃんが整ってきてるし、行きたいよなーとか思いながら、かなり軽い気持ちで10日後くらいの特典航空券を検索してみると…至ってふつうに空いています。ジャカルタは実に特典航空券が取りやすいです。

海外行きたい病が発症しつつあったので、多少の逡巡はあったものの、気が付くと予約を完了させていました。まさにビョーキ。

とはいえ仕事もあるので、金曜夜出発・火曜早朝帰着で、火曜はそのままエクストリーム出社というハードスケジュール。短い期間ではありますが、楽しんできたいと思います。

0日目 ジャカルタへ

仕事終わりに羽田へ向かいます。しょっちゅうこのフレーズ書いている気がする。

盆明けの何でもない時期なので空いていて、保安検査とイミグレはサクっとクリア。

今回は超久々のANA。去年はダイヤだったんですが、現在はヒラSFC。ということで普通のANAラウンジに向かいます。

ANAラウンジはいっつも混んでますな。適当に食事を。

チープだけどわりと好きです。ただ、カレーはJALに全く歯が立たない感じ。JALカレー好き過ぎる。

とどめを刺していくスタイル。

ジャカルタ行きはイミグレのワンフロア下が搭乗口。そして恒例の沖止めですな。バスへの優先搭乗って何の意味もないよね。バスで座れるくらい。

今回は…貯まっていたマイルで特典ビジネス!10日前でも余裕で取れるのが最高。

フルフラットにならないアホビジですが、隣が空席なので実に快適。

この便の機内食は朝食。和洋の希望と、起こすかどうかを聞かれます。

ほどなく離陸。7時間弱のフライトとのこと。↓↓この写真かっこよくないですか?

シートベルトサインが消えると飲み物とアミューズのサービス。ANAのアミューズはウマいですなあ。

物欲しそうにメニューを見ていたら「何か召し上がりますか」とのことで「お好きな時に」から適当に。

とどめを刺してから死体を蹴っていくスタイル。

まあ味はふつう。

その後は少し眠ることに。フルフラットにはならないですが、意外と深く倒れるので…

独特のおしぼりのにおいで目が覚めます。3時間半ほど眠って、現地時刻の2:30頃。眠い…。

一応朝メシを食います。

うめえ。

食後は適当にウトウトしながら過ごし、現地時刻4:15頃、スカルノハッタ国際空港に着陸。ターミナル3はキレイやね。

スカルノハッタの消化器の置き方。遊び心があって好き。

ではGrabでホテルに向かいます。が、車の到着まで結構待ちました。10分くらい?

結果的にですが、飛行機を降りたあたりで車の手配をしておけばよかったかなという感じ。

あ、乗り方は別記事にまとめてみます。

Grabでスカルノハッタ国際空港T3からジャカルタ市内へ向かう方法【201908現在】

2019.09.13

早朝なので道も空いていて30分弱でホテルまで到着。高速代等含め16.8万IDRでした。

ホテルにチェックイン。この弾丸旅程だとお金よりも時間の方が大事なので、前日から予約しておきました。

シャワーを浴びてから一応朝食。そして、あまり寝ていないので仮眠…

1日目 Tinderアポ

新規ネシアっ娘、Fちゃんからのメッセージで仮眠から目が覚めます。「シャワー浴びて準備するね」とのこと。

この日は整えてあったTinder案件を中心に据えることにしていました。腹がへったのでその間にGrab Foodでマクド。配達費が安すぎてビビる。

クレジットカードが使えないのと、部屋までは来てくれず、フロントまで取りに行かないと行けないのがちとダルい。

そうこうしているとFちゃんがフロントに到着したとの連絡が。迎えに行きます。

おー、目鼻立ちのはっきりしたネシア美人です。まあビデオコールしてたから知ってたというか、ビデオでの事前確認必須というか。いずれにせよ美女。パイオツもカイデー。

ホクホクで部屋へ。どんな感じになるかなと思っていると…流れるようにベロチュウ。そのまま出会って5分で合体!マジで5分以内にスパンが始まって笑いました。

Fちゃんの服を脱がせますが、脱衣にも非常に協力的(笑)。下を脱がしてみると…キ●ガイみたいなドエロパンツ。前も後ろも布の面積小さすぎ。

ヒモみたいな黒のTバックだったので、↓↓のような感じキタ━(゚∀゚)━!と思いましたが、思いのほかキ●ガイパンツがタイトだったので無理でした。これが理想と現実のギャップね。

あっという間にお互いすっぱだか。アソコを触ると…なんじゃこりゃ!濡れ濡れとかいうレベルを超えてます。ダラダラです。

はえー、と思っているとそれに気付いたFちゃん。「濡れやすいの」と弁明。いやそういうレベルちゃうけどな。

まあよく濡れているのはありがたいので、そのままガチスパン!愛液ダラダラで最高です。

Fちゃんのスパン、めちゃくちゃエロいです。ウルウルした大きな瞳で見つめてきて、顔が近づけば秒でベロチュウして離さず。抱き合う格好になると耳でも何でもチュッチュ。正常位中心で進行しますが下からテンポよく腰を振ったり。天才か?

上にしてみたらみたで、上下と前後の動きを絶妙に交えて変化をつけつつ、視覚的にも巨乳がエロいという。神かな?

手練れでしたが何とか頑張って、そこそこご満足頂いたところでフィニッシュ!いやー…やべえなこのお嬢さん。

おなかがへったということで、FちゃんがGo-jekで食事をデリバリー。何かぶっかけメシみたいなの。おいしかったです。

その後はベッドに戻りイチャイチャしながら話をして一息つきます。超可愛い。思わず半勃ちになったのを見逃さないFちゃん。すかさず2回戦を要求!

はい、このお嬢さん、セックスモンスターでした。

モンスターは2回戦目なのを感じさせないクオリティですばらしいスパンを展開。こちらも負けじといくつか体位を変えつつ様子見。どうも深くウネウネする正常位が好きなようだったので、しばし奉仕の心で人間バイブと化します。

いい感じ高まったところでフィニッシュ。ふぅ。

さすがにちょっと疲れたので昼寝…。深夜便で到着した日なのでわりと眠たくて、結構長時間寝てしまいまして。気が付くともう夜中。

目が覚めたのは…モンスターが何かモゾモゾしているから。こちらに背中を向けていますが、器用に足を絡ませつつお尻で朝勃ち状態のジョリマンさんのおチ●ポをスリスリしています。

途中から何だかスイッチが入ったのか、完全に挿入を試みる動きに。マジか(笑)。

こちらも協力して、松葉崩しの亜種みたいな状態で挿入成功!モンスターのアソコはすでにビシャビシャだったのでスルっと入りました。

勝手にガンガン腰を振り、勝手に果てるモンスター。体位を変え、万次郎も一応フィニッシュ。

夢うつつでスパンして、お互いそのまま寝るという…。

そんな感じで1日目の夜は更けていきました…。

1日目の費用: 3.9万円+24万IDR

特典航空券諸税2.2万円、ホテル1.7万円、Grab 16.8万IDR、マクド7.2万IDR

関連記事

ジャカルタ旅行記 201908 (2) 落差に痺れる

2019.09.11

ジャカルタ旅行記 201908 (3) 2泊4日×ビジネス×8スパン=6万円!?

2019.09.12