ジャカルタ旅行記 201908 (2) 落差に痺れる

2019年8月の弾丸ジャカルタ遠征、2日目です。

モンスターとお別れ

朝。簡単に歯みがきなど済ませてからベッドでダラダラ。そして当然のようにスパン。このセックスモンスターめ。

スパン後は一緒に朝食をとってからお別れ。危うくお別れ前のイチャイチャでスパンに発展しそうになりましたが、何とか阻止しました。今日も予定あんねん。

モンスターには昨日のメシ代を出してもらっていたし、家も遠いようなのでタクシー代ということでお金を渡しますが、頑として受け取りません。

わかった、せめて昨日出してもらったメシ代と交通費だけ受け取ってくれと言うと、渋々10万IDRだけ受け取ってくれました。「楽しんだからそんなのいいの」とか言ってました。ええ娘やで。

さて、モンスターを見送った後は、部屋を掃除してもらいます。その間、近所のGajah mada plazaで軽く一服。

そのままGajah mada plaza内でフットマッサージ。1時間6万IDR。450円くらいですかね。セラピストは男ばかり。

男はやっぱり力がありますな。チップ要求がほとんどないのがネシアの良いところ。ほぐしてもらってからホテルに戻ります。

次なるアポ

この日も1件アポがありまして。20歳の学生さんAちゃん。可愛いです。

このお嬢さんも、当然のようにホテルで待ち合わせ、当然のように部屋に来ます。このあたりの感覚はマジで謎です。ヌルゲー杉内。

ちょっとベッドでリラックスしよっか、みたいなことであっさりとスパンに発展。もはや裏がありそうで怖いレベル。

このお嬢さん、身体がヤワヤワ。経産婦ではないようですが、パイオツもフワフワ。触り心地が大変いいです。

アソコを触るともうじっとりと濡れていたのでサクッとガチスパン!関節も柔らかくて、いい感じにフィットします。

モンスターに絞られていましたが、若くて可愛いので気持ちよくフィニッシュ。特に怖いお兄さんは来ませんでした。

スパン後、何か食うべということで2人でお出かけ。肉じゃー!!

カルビと白米があれば戦争は終わる気がしました。

食後、Aちゃんはそのまま帰るとのことで解散。この娘もわりと遠くから来ていたので交通費として50万IDRを彼女のバッグにイン。特に金額を見もせずキスしてバイバイ。フリーランサーの類にしては金に頓着が無さすぎるし、これはもうアレですか、人はみんな寂しいみたいなことですか。

謎を残し夜は更けていきます。

よあそび!

けいおん!っぽっく言ってみましたが、おセックスするだけです。はい。

この日は超ひさびさに線路置屋へ。今の円高ルピア安で遊ぶと…すごそうです。

ずんずん。

うぇーい。

あんま変わらんね。

もう世界遺産でええやろこれ。

客引きウザし。

線路へ。何か…静かやね…。

線路脇で一人原石を発見したものの、直前でネシアおじさんにかっさらわれ。ギギギ。

やむなくまた下へ。中華系っぽい可愛い嬢がいたので入ります。15万IDR。

この金額。アタマおかc。

狭くて急な階段を上がるとそこは最低レベルのヤリ部屋(笑)。

マットレスの脇にはティッシュが散乱し、使用済みのゴムがそこら中に。

ここでは、Don’t think, Feelの精神で戦うべきです。目の前の女体に集中し秒で突っ込みます。

始めはうるおいが足りませんでしたが、徐々にいい感じになってきます。アヘアヘ言い出す嬢。そして感じるままにフィニッシュ!

昨日今日で素人のお嬢さんたちとした甘いスパンとの落差たるや。サウナと水風呂のようで痺れますな。

持参したウェットティッシュを使ってセルフでフキフキした後は、ウザい客引きをかわしつつ撤退。Grabバイクでホテルに戻りシャワー。

とどめにGrab Foodでバーキン。今日も楽しかったですね。

2日目の費用: 128.6万IDR

Grab計7.5万IDR、焼肉44.1万IDR、交通費50万IDR、ロイヤル15万IDR、バーキン7万IDR

金使わな杉内。

関連記事

ジャカルタ旅行記 201908 (1) エクストリーム・ジャカルタ

2019.09.10

ジャカルタ旅行記 201908 (3) 2泊4日×ビジネス×8スパン=6万円!?

2019.09.12