ジャカルタ旅行記 201910 (1) 何度でも新しく生まれる

2019年10月ジャカルタ遠征の旅行記です。

10月の3連休。行き先がなかなか決まらないままダラダラと過ごし、気付くと完全に出遅れ。うーん…と思いつつ、とりあえず特典航空券の空席待ちを入れてみたところ、数日であっさりと空きが出まして。ジャカルタ遠征が決まりました。

滞在期間を最大化するため往復とも深夜便で、帰国後はエクストリーム出社という暗黒スタイルですが、滞在中は楽しんできたいと思います。

ジャカルタへ

仕事を終え羽田へ。このフレーズ書くの何度目や。

激混みのANAラウンジでB級グルメ風のメシ。カレーではなく麻婆豆腐丼とか。茶色いぜ…。

ちょうど接近しつつあった台風の影響か、結構な雨。これで沖止めはつらぽよ。

離陸。とりあえず寝ます。

機内食が準備される雰囲気で目が覚めます。時刻は現地時間の2:20頃。着陸の2時間ちょい前。

オムレツ。普通オブ普通。

その後はまたウトウト。そして4:20頃着陸。

降機後、歩きながらGrabを手配。サクサク歩いてイミグレは待ち時間0秒で突破。

Grabでスカルノハッタ国際空港T3からジャカルタ市内へ向かう方法【201908現在】

2019.09.13

Grabのミーティングポイントに到着するのと同じタイミングでうまいこと車が来たのでそのままホテルへ。

30分ほどで到着。例によって前日から予約してあったのでチェックイン。からの仮眠!

……

みんな大好きコタインダー

ん…何かカーテンの向こうがオレンジな気がする…。

うぉっ!もう夕方じゃねーか!

エコノミーの深夜便が祟ったのでしょう…。1件、午後イチのアポがあったのですが、完全すっぽかし状態です。スマホを見るとオニ電の形跡も…。

落ち着くために、Grab Foodでハンバーガーを注文。食べながら、「まあしゃーなしやな」と切り替えます。

ちょうどコタインダーが盛り上がり始める時間帯だったので行ってみることに。これが困ったときのコタインダー、通称こまコタです。

案の定、どの店も30-40人はいますね。全店で100人はゆうに超える嬢。選べないわけがない。

Royalのやり手BBAに好みを聞かれたので、いつもの通り「スソブサール!ノーベイビー!」と告げ、船越英一郎似のオッサンと抗争しながら巡回していると、BBAがいい感じの嬢を連れてきました。

ブラパウムル?というと18歳とのこと。ええやん、ということでお尻をサワサワしながら2階へ。

この嬢、若いのになかなか優秀で、ガッツリとベロチュウからのイチャイチャ、濃厚BJ、貪欲スパンというトリプルスリーを達成。きみがコタインダーの山田哲人だ。

そんな感じで気持ちよく発射したら、すっぽかしたアポのことはどうでもよくなりました。さすコタです。

夜のアポ

その流れで適当にマッサージを受け、買出しを済ませてからホテルへ。夜に備えます。

さて夜のアポ、候補が3人いたのですが、いずれも若干レスポンスに難があったりしたので、安全のため3人ともブッキングしてみました。さてどうなるか…。Grab Foodで配達されたメシを食いながら適当にチャットします。

まず1人目。「アタシ、モデルとかもやってるし、タダでスパンとかダメよダメダメ。でもフリーランサーってわけじゃないのよ!」とか言い出したので放流。

続いて2人目。少しずつに音沙汰がなくなり、やがて行方不明に。

最後の1件…無事成立!実は前回のジャカルタ遠征の最終日にキャンセルしたお嬢さんのリベンジでした。

ジャカルタ旅行記 201909 (3) 消えない謎

2019.12.14

予告された時刻からずいぶん遅れ、23時頃に到着。メシは食ってきたというので部屋へ。

このお嬢さん、SNSとかの写真はヒジャブかぶっていることが多いようでしたが、この日は着用なし。まあ普通のお嬢さんです。小柄で可愛らしいですね。

そのまま大した会話もせずにベッドでスパン開始!このネシアのヌルゲー感、毎回笑ってしまいます。

さて、蓋を開けてみるとこのお嬢さんも例によってドエロでした。黒髪、長袖・ロングパンツで肌も出しておらず真面目そうな雰囲気なんですが…脱がしてみるとほぼヒモのアホみたいな下着。ヤル気満々やないか。

そしてアソコを触るともうビシャビシャ。早く挿れろと急かされガチスパン!

体勢を入れ替えながらスパンしますが、上になっても下になっても獣のように腰を振るドエロっ娘ちゃん。

そろそろイキたくなってきたと言うと、「そうか!じゃあ口に出せ!」と。

イク直前で抜いて顔の前でしごくとガッツリ咥えられそのまま発射!しっかり吸い取られて離れると、そのままごっくんしてニッコリ笑顔のドエロっ娘ちゃん。よし、結婚しよう。

なぜこんな現象が起こるのか…。わからないので考えるのをやめて、そのまま一緒に就寝…。

1日目の費用:2.2万円+349.1万IDR

特典航空券諸税2.2万円、ホテル5泊260万IDR、Grab空港→ホテル18.3万IDR、Grab市内移動3.2万IDR、昼メシ7万IDR、コタインダー39万IDR、マッサージ6万IDR、買出し5万IDR、タピオカドリンク2万IDR、ミーアチェ2.6万IDR

関連記事

ジャカルタ旅行記 201910 (2) ブロガー殺し

2019.12.16

ジャカルタ旅行記 201910 (3) もはやただのパパ活

2019.12.17

ジャカルタ旅行記 201910 (4) そうだ 風俗、行こう。

2019.12.18