ジャカルタ旅行記 201910 (3) もはやただのパパ活

2019年10月のジャカルタ旅行記3日目です。

失意の日中

朝起きて、ホテルの朝食をとってからマッサージへ。モミモミされながらアポの調整などしていると、なんと期待していたアポが急遽なくなってしまいました…。

時刻は正午頃。適当に買ったタピオカミルクティを飲みながら考えます。

結果、昼でもそれなりのB Fashion Spaへ行くことに。

ジャカルタ旅行記 201809(4) Day3 B Fashion Hotelに優良パラダイススパ

2018.10.04

TinderをまわしながらGrabで移動して到着。特に変わった様子もなく。

受付で「ブラパレディス?」と聞いてみると、どこかへ電話してドゥア(2)とのこと。

聞くと、今はエントランス15万IDRということで、ちょっと入る気にならず。無駄足だけどしゃーなしやな。やっぱり日曜の風俗は厳しい…。

腹いせに、居酒屋次郎でカレー7.8万IDR。600円切るくらい。個人的にはわりと好きな味。

メシを食いつつTinderをまわし続け、何とか2件アポまでこぎつけました。

アポ1件目

ホテルのロビーでご対面。過去日本人彼氏がいたこともあるそうで、見た目はかなり可愛いです。ただ、何というか、やや意識高い感じとういか…どうなのこれ。

夕飯どきだったので希望を聞くと「寿司!」と。ちょうど万次郎が行ってみたいところがあったのでそこへ。

場所はこちら。すごいところにあります。

万次郎が宿泊しているのが北の方だったので、「まあ大してかからんやろ…」と思っていましたが、行きは何だかんだで1時間近くかかりました。うへぇ。

店内は中華系のネシアンだらけ。日本人が来るには遠すぎるからね。

味は、おっイケるやん。

会計は60万IDRくらい。このときのレートで4,600円ほど。日本の回転寿司レベルの値段ですが、コスパは良かったですね。ただ、遠すぎるのでおすすめはしまへん。

いったん万次郎さんのホテルまで戻り、ちょっと寄ってく的なことで部屋までは入ってくれましたが、、、頑なにおせっせ拒否!

「初対面でセックスは無理!」の一点張りで、色々試しましたが最終的には諦めてリリース。ちょっとバイブスも合わなかったので、次回持ち越しもしない予定です。

アポ2件目

続いてもう1件。頼むぞ…。

「ごめんね、もう夜遅いし、眠いからまた今度ね」

Oh…。まあ日曜だし、気持ちはわかる。

というわけで2件ともダメよダメダメ。いまのところ意識高い女子にメシ食わせただけじゃねーか!

保険発動

何となーくアポ2件ともに不穏な感じがあったので、さらなる保険として前回スパンしたTinderっ娘ちゃんにも声をかけておきました。

ジャカルタ旅行記 201909 (1) ジャカルタまじ卍

2019.12.12

このときの大学生ちゃんです。

彼女ちょうど「友達と買い物したあとダベってた」ということだったので、抹茶ポッキーの画像を送ったところ「今から行くぞ、どこだ」と。

最終的に機能するのがこんな原始的な手段とは…。おっちゃん恥ずかしいで。

ちなみにこのお嬢さん、おせっせしながら「あなた前回も休憩とか言ってベッドに引っ張り込んだでしょ」やら、「そうやってハグとかキスして私をスケベな気持ちにさせるんでしょ」とか、「キスしながらサワサワして服脱がすんでしょ。知ってるんだから。」などと、いちいち前回の様子を解説というか反芻しながら嬉しそうにしていて、何これ超スケベやんと思いました。

大学生ちゃんは空港とかで売っているおみやげ用のでっかい箱のポッキーを抱えて帰っていきました。

敗北感を味わいつつ就寝…。

3日目の費用: 85万IDR

マッサージ6万IDR、居酒屋次郎7.8万IDR、タピオカ2万IDR、Grab計8.5万IDR、鮨昌60.7万IDR

100万の壁が超えられない(笑)。

関連記事

ジャカルタ旅行記 201910 (1) 何度でも新しく生まれる

2019.12.15

ジャカルタ旅行記 201910 (2) ブロガー殺し

2019.12.16

ジャカルタ旅行記 201910 (4) そうだ 風俗、行こう。

2019.12.18