ドーソン旅行記 201911 (2) 部活

2019年11月のドーソン旅行記、2日目です。

朝練

午前中に起床。ニャギから汚い海を眺めてみます。うーん汚い。

今日はようやく遊びの主戦場となる通りへ。

ポン引きマンたちが、うちのニャギでスパンしていけとしきりに声をかけてきます。

ポン引きマンたち、民度にかなり差がありますね。ウザい奴はマジでウザい。こちらの持ち物をヒョイと取り上げて、返すから金くれとか。当然ガン無視で取り返すだけですが。

ここでも「25万VNDだよね」と聞いてみますが、答えはやはり「今は30万VNDだよ」とのこと。そういうもんかと思って受け入れることに。

適当なニャギに入って受付部分に腰掛け、次々に現れる嬢たちを眺めます。ポン引きマンが「OK my friend」と「NO.1!!」しか言わない(笑)。

15人目くらいでわりと可愛い嬢が登場。一緒に2階に上がります。

この嬢、ちょっとお姉さんで24歳。何となくOL風、肌が真っ白でかなりのヤワ乳でした。経産婦ではないようでしたが。

まず嬢だけシャワー。そのままなぜか即尺乳首舐めがスタート。濃厚サービスの部類でしょうかね。

準備が整うと直ちにスパン。しばらくパタヤとかジャカルタが多かったので色白はいいものだなとか思いながらフィニッシュ。まあまあ良かったです。

スパン後は風のように去っていく嬢。続いて万次郎も部屋を出て、ニャギの入口で30万VNDを支払ってから一旦ニャギに戻ります。

部屋に戻って一息つくとちょうど部活メシの時間になったようで、ニャギの兄ちゃんが「ゴハンー!ゴハンー!」と言いながらドアをガンガンたたいて周ります。

ラインナップは米、卵スープ、卵料理、葉物、魚料理、肉料理、貝料理、みたいな感じ。品数多いな。家庭的な味付けでまあまあウマいです。肉はちっとケモノ臭かったけど。

食後はちょろっと昼寝。

昼練

昼寝から目覚めた万次郎。昼練に向かいます。

民度の高いポン引き、道路との段差により嬢が見やすい受付、この組み合わせで良い感じのニャギがあったのでそこで。5人目くらいで良さそうな嬢が来たのでゴーアップ。

この嬢、顔はかなり可愛かったですね。スタイルもわりと良し。そしてマン毛ボーボー。

安定の生Fで準備が整ったら秒で突っ込まされるスタイル。プレイは普通でしたが見た目が良かったので2発目も気持ちよくフィニッシュ。

30万VNDを支払い、オニのように干されたタオルを眺めながら宿舎に戻ります。

夜練

18時の部活メシを終え、同宿の中国人と少しダベってから夜練へ。

昼と同じニャギで嬢を物色。20代前半くらいのなかなか可愛い嬢を選んで上へ。

この体制から生F。おー、上手。かなり気持ちいいです。

体制変わって顔が見える状態でFを続け、頃合いを見てゴム着。

と、ここでなぜか嬢がバックでの挿入を要求。理由はあとからわかったのですが、絶対乳首触らせないマン!

この体勢は乳首防衛スタイルだったのか…。

乳首は触らず全体をわしづかみにして正常位でガン突きしてフィニッシュ。Fは良かったけどスパンは普通かな。

そして部屋に戻り、今日の部活動の反省をしてから床に就きました。スーパーストイック。

2日目の費用: 90万VND

スパン30万VND×3

本当にこれしか使わなかった(笑)。

関連記事

ドーソン旅行記 201911 (1) そこに愛はあるのかい

2020.01.18

ドーソン旅行記 201911 (3) 邪道

2020.01.22

ドーソン全般については以下で簡単にまとめています。

ドーソンまとめ 遊び方・ニャギ・行き方など【2019年11月】

2019.12.01