ドーソン旅行記 201911 (3) 邪道

2019年11月のドーソン旅行記、3-4日目です。

3日目

ニャギ移動

この日は翌朝に控えるノイバイ空港からの帰国便のため、ドーソンからハノイに移動します。

午後便なので、帰国日当日に移動してもいいと言えばいいのですが、まあ初めてなので。

とはいえハノイに移動しても楽しいことは特にないので、ドーソンで2発ほど決めて午後遅めに移動開始しようかと思います。

ニャギの部屋を押さえていたのが今日までだったので、荷物の置き場とか休憩のため、兄ちゃんに1日延長してくれと頼むと…なんと空きなし!マジか。

やむなく荷物をまとめて9時頃チェックアウト。まあニャギはいくらでもあるので近隣をあたってみます。

15時くらいにドーソンを出ようと思っているので、それまでの時間貸しということで適当に交渉。あるニャギのおっさんと15万VNDということでディール。とりあえず荷物を置いて遊びに出かけましょう。

朝スパン

時刻は10時前。この時間はどうなのよと思いつつ主戦場に行ってみると…普通に嬢いますね。さすがに午後に比べると数は少ないですが。

お気に入りというほどでもないけどいつも使うニャギで顔見せに来る嬢を眺めていると、いい感じの嬢が現れたので2階へ。

18歳の巨乳っ娘。部屋入る時点で何か食べていて、しばらくモグモグしてました。

脱がせるとパイオツが真っ白で真ん丸。偽乳かと思うほどまるまるとしていますが触ると天然。ええのう。

この嬢、最初は結構なスレ臭の気配を感じましたが、それでも生F頑張るし、スコスコしてると可愛く喘ぐのでなかなかでした。気持ちよくフィニッシュ。

しかし、ラオカイの激塩・激辛みたいなのには全く当たらんですなあ。

暇つぶし

スパンを終えて時刻は11時前。暇なのでピンクバスに乗って町の方に行ってみることにします。ちょうど現金が心もとなかったのでATMに行こうかなと。

このバス停からですね。

よくわからないまま10分くらい待っているとバスが到着。勝手に乗り込んで好みの席に陣取ります。

しばらくすると発車。乗客はジョリマンさんのほかには2人だけ。

発車したバス、めちゃくちゃ遅いです。30km出てるかどうかくらい。スタッフの兄ちゃんが集金に来たので、1万VND渡して「アグリバンク」というとOKと返事。もらった紙切れにも10,000とあるのでたぶん正規料金かと。

山道に入ると多少スピードが上がりましたが、まあゆっくりしたバスですな。

山を越え、海辺を走ってから市街地っぽいエリアに。

アグリバンクが見えたので声をかけて下車します。このへん。

ありゃ、ATMのブースはありますが、中が空っぽ。アグリバンクの建物に入っておばちゃんに聞くと「この先の通りを右に行くとあるよ」と丁寧に教えてくれました。ここですね。

おー、あった。

無事おろせました。引き出し上限は200万VND…。

ついでに1区の置屋エリアを見学。

結論から言うと行く価値はあまりない感じ。正午前と早めの時間だったのもあって、見かけた嬢は2人のみ。

1人の嬢はまあまあ良さそうだったのでスパンしていこうかと思いましたが、ひとまわりして戻るといなくなっており。BBAに聞くとデリバリーされたとのこと。くそう。

その後はブラブラと散歩しながら、海を見たり牛のち●ぽを見たり。

ほかにやることもないので2区の方に戻りましょう。アグリバンクの反対側にあるバス停へ。

いつバスが来るのか全く分からない状況で、バイタクのおっさんが声をかけてきます。

言い値は2万VND。バスが1万VNDなのでまあいいかなと思いつつ「1.5万VNDじゃ!」とか言っているとちょうどバスが到着。バスを待ち始めて15分ほど経った頃でした。

おっさんには「すまんな」とジェスチャーし、手を挙げてバスを止め乗車。手を挙げないと停まらない雰囲気でしたね。

乗り込んで、地図上の「Bến Nghiêng」を見せると指2本を立てるスタッフ。黙って1 万VND渡すとムスッと紙切れをくれました。こういう細かいボッタクリがイラっとする(笑)。

帰りはわりと早くて、10分かからず到着。

小腹が空いたのでメシを食うことに。ニャギエリアから主戦場の通りを越えたあたりの適当なメシ屋へ。

フォーなら外さんよな…と思って牛肉のフォー、3万VND。

まあ壁に値段が貼ってあるのでボッタクリではないでしょう。ちと高いけど。

水1万VNDももらいます。味はそこそこ。

食後は雰囲気良さそうなコーヒー屋へ。ここです。

ベトナムコーヒー3.5万VND。ちと高いっす。外の席は波の音が聞こえてなごむ…。

しばらく休憩した後、主戦場の出口付近にたまっているタクシーに声をかけ、ハノイの西湖あたりまでいくらで行くか聞いてみます。

多少のもみ合いの後、高速などコミコミ130万VNDという奴がいたのでそいつとディール。15時になったらニャギに来いと言い、念のためZaloを交換してから最後の戦いに向かいます。

昼スパン

丸坊主のキ●ガイボーイがいるニャギで嬢を選んで階上へ。

20歳で愛嬌のある嬢。可愛いです。

この嬢、手順が普通ではなく、部屋に入るとなぜか即尺。

そしてそのままの流れでジョリマンさんの上に乗ってガチスパン。

一方、ボディタッチはNG。アンバランスな仕様のお嬢さんです。

アソコは狭くて全然使い込んでいない感じ。潤いが十分でない状態で突っ込むと、中の様子がリアルに感じられるという謎発見がありました(笑)。

一応外に出してドーソン7発目が終了。これにて打ち止めです。

ハノインゴ

ニャギに戻り、軽く一休み。タクシーの運ちゃんから「ちょっと早いけどもう待機してる」という連絡があったのでニャギをチェックアウトして一路ハノイへ。

なぜか15分くらいで車を乗り換え。KIAのコンパクトカーからトヨタのセダンに。当然ドライバーも別。ディールした運ちゃんの部下のようです。んん?と思いつつもKIAよりは快適なのでまあええかと。

かなりぶっ飛ばしたのもあり1時間半くらいで目的のホテルに到着。

車を止めるや否や「150万VNDだ」と。100%言うと思っていました(笑)。

「ふざけんな、お前のボスと高速代込み130万VNDでまとまっとんねん」と返すと、それまでの穏やかな様子から豹変。ベトナム人のこの感じは独特です。

絶対こうなると思っていて、ディールした運ちゃんとはZaloで細かく条件確認をしていたので、そのやり取りを披露。

すると「じゃあ10万VNDくれ!」とか訳のわからないやり取りに。

埒が明かないので無視。130万VNDを押し付けて車を降ります。さすがに追っては来ないようで。

連絡不足かボッタクリか、前者だとちとかわいそうではありますが…ワシには関係ないしな。まあたぶんボッタだし。

この後はもう特に何もなく。ホテルにチェックイン後、Pizza 4psへ。あそこで回ってんのぼくのピザなんすよw

たらふく食います。

パイがクソうまい。

食後は西湖周辺を散歩してから快適なベッドで就寝…。

3日目の費用: 387.8万VND

ニャギ追加15万VND、バス2万VND、昼メシ4万VND、カフェ3.5万VND、スパン60万VND、ホテル127万VND、タクシー130万VND、夕メシ43.4万VND、Grab2.9万VND

4日目

帰るだけ

この日は午後便で帰るだけ。

この日の便、プレエコとして販売はしていないものの、座席自体はある機材のようです。オンラインチェックインで指定できるパティーンかと思い待機していましたが全部グレーアウトしていて選べず。

おそらくマニラ便と同じくチェックインカウンターで案内してくれると思われたので、早めに空港へ行ってみることにしましょう。

それにしたって午前中はやることがないので、前回ハノイに来た時と同様に高級マッサージへ。La Belle Spaというところです。

電話してみると、何時でも空いとるでーとのこと。GWは地獄の混み具合でしたが、今はガラガラのようです。

ちなみに、ネットの予約フォームが機能しておらず、スマホのIP電話アプリで電話予約しました。国際電話でも数十円なので無問題。

ドライフルーツを食べながらオイルの香りを選んだり。コースは2時間109万VNDのやつ。バカ高い。

結論から言うと、イマイチでした(笑)。まあセラピストの腕によるところが大きいんでしょうが、まあ雰囲気だけやな。2回目でそれに気付いたのでもう来ない。

マッサージが終わるとそのままGrabで空港に向かいます。40分ちょっとくらいで到着。 Grab運賃には、空港への入場料だか何だかで1.5万VNDがオンされました。

13時前でしたが、カウンターはすでにオープンしており。早めに来たので狙い通りプレエコ席ゲット。

ラウンジはNIA BUSINESS LOUNGE。前回も来ましたね。

フォーも食べ納め。ここはわりとウマいのでおかわりしてしまいました。

時間になったので搭乗。その後はもう何事もなく。羽田に着陸、家路に着いたのでした。

4日目の費用: 138万VND

マッサージ109万VND、Grab1.6+25.9+1.5万VND

費用の合計

費用の合計は…2万円+896.5万VND(約4.2万円)でした。航空券代にスカイコインを充てたのが大きかったですかね。

タクシー往復約289万VND、ハノイホテル127万VND、ピザ43万VND、マッサージ109万VND、これらだけで568万VNDくらいとVNDの大部分を占めています(笑)。ここを削ってLCCで行けばバカ安になるでしょう。

スパン代は7発で210万VND。ジャスト1万円くらい。出費のバランスめちゃくちゃやな。

まとめ

ドーソンは楽しかったですね。行けて良かったです。

一発30万VND、約1,400円くらいという金額ながら、ラオカイよりはスパンの内容もよく、時間の流れがゆっくりで居心地も悪くなかったです。

万次郎の目的としては、「とにかく安くスパンがしたい!」というよりは、「ドーソンに行ってみたい」ということだったので、面倒ごとをすべてすっ飛ばして往復ともタクシーを使うとか、ちょっと独特な感じになりました。総スパン代よりも往復タクシー代の方がずっと高いとか。

移動のハードルが高い感じのするドーソンですが、タクシーさえ使えばヌルゲーというか、スワンナからパタヤに行く感覚に近いですね。NAIAからアンヘに行くよりは遥かにラクです。まあ、コスパを求めて行く人から見ると邪道もいいとこでしょうが…。

また行くかどうかはわかりませんが、ベトナム中北部ツアーをやるときがあれば立ち寄りたいですね。

そんな感じで。ではまた。

関連記事

ドーソン旅行記 201911 (1) そこに愛はあるのかい

2020.01.18

ドーソン旅行記 201911 (2) 部活

2020.01.20

ドーソン全般については以下で簡単にまとめています。

ドーソンまとめ 遊び方・ニャギ・行き方など【2019年11月】

2019.12.01