キューバ ハバナ旅行記 201805 Day5 可愛い黒人とのスパンは…

ハバナ滞在4日目です。

朝の散歩、朝食

わりと早く、7時くらいに目が覚めたので、シャワーを浴びてから、また旧市街へ散歩に行くことに。朝は観光客が少なくていいですね。観光客向けに整えられたエリアも良いですが、生活感のあるエリアも味があります。

旧市街は歩いてて楽しいですね。

お決まりの構図。

かっちょいい教会がありました。

ここはよかったです。

ねこ!

このけだもの!

けだ…もの…??

なんだかんだ2時間くらいプラプラしてました。

しかし問題はそこらじゅうに落ちている犬のフン。この旅行中、幸いにして一度も踏むことはなかったですが、もはやそれが奇跡とも思えるほどフンだらけです。どうなってんのよ(笑)。

貴様だな!

その後はPARQUE CENTRALのティーラウンジで朝食。10CUCのContinental breakfast。これが1番ナイスです。

パン類の盛り合わせ、フルーツ盛り合わせ、フレッシュジュース、飲むヨーグルトとシリアル、コーヒー。2時間も歩いて疲れた身体にジュースがめちゃくちゃ染みます。すげえうまい。毎朝散歩をしてから、ここで50CUCで支払いして細かいお金を作るのが日課のようになっていました。お釣りが39CUCなので、サービスチャージか何かが入って11CUCの模様。

ただ、PARQUE CENTRALはどうも相性が悪くこの日もネット接続が不調。食後は隣のHOTEL PLAZAに移動し、少しネットしてから部屋に戻り昼寝。昼はブラブラ、夜はスパン。このゆるい生活が夜遊び旅行の醍醐味です。

夜遊び

この日もがんばって昼寝から起き、20時頃からマレコン方面へ。まだ少し明るいです。この日はやたらと人が多く屋台も出ていたりと大賑わい。

では物色を始めます。ガリアーノ通りとマレコンの交差点付近は街灯が道を明るく照らしていますが、そこから離れると街灯が減って急に暗くなります。嬢が立っているのは暗くなるあたりからですね。

交差点を右の方に折れて進んでいくと、前日スパンしたMちゃんが。また会えて嬉しそうですが、華麗にスルーしてさらに先へ。

少し進むと可愛い黒人に手招きされます。Nちゃん20歳。いつも通り最初の提示は70CUC。ノーと言うと、スマホの電卓を差し出されます。

「これに希望額を打て」ということのようで「40」と。「それでいいけどCASAは別で15ね」的なことを言ってくるので「CASA10なら」と返すとあっさり交渉成立。

警察を警戒し、少し距離をとってNちゃんの後に続きます。ん?ここは…昨日と同じとこやないかーい。

まあアクセスいいしね。このときは、前日とは変わっておじさんおばさんに迎え入れられました。

Nちゃん、早速服を脱ぎ始め、万次郎にも脱ぐよう促します。ブラを取ると…おぉ、かなりの巨乳。しばらくモミモミしているとベッドに寝かされ乳首舐め手コキ。

ここまでは良かったのですが、その後はまさかのゴムF、ノーキスの塩対応。そしてサクサク騎乗位で挿れてきます。それでも久々の黒人だなーと楽しんでいると、Nちゃん早くイッてほしそうな雰囲気をバリバリ出してきます。仕方がないのでNちゃんが更生できるよう地獄無限突きをお見舞いしておきました。これでまっとうになってほしいものです。

事を済ませベッドを整えるNちゃん。ケツがデカい。

その後はガリアーノ通りとマレコンの交差点近くにあるディスコに行ってみましたがガラガラ。時間が早すぎなのでしょうかねー。早かったり遅かったり、ままなりません。

仕方なくそのままいつものピザ屋に寄り、ハンバーガーを買い食いしてから床に就きました…。

<つづく>