キューバ ハバナ旅行記 201805 Day8 帰国と旅のまとめ

キューバ旅行記もこれで最後になりました。

搭乗手続き、グランドラウンジエリート

Izzzleepで4時間ほど仮眠をとり、シャワーを浴びてから、24:30頃ANAのチェックインカウンターへ。Izzzleep徒歩5分くらいでした。

出発ロビーはド深夜にも関わらず結構な数の人がいましたが、さすがにチェックインカウンターはガラガラ。ビジネスクラスは待ち時間なしで手続きできました。スタッフは現地の人ですがきっちりしていてANAクオリティです。

搭乗券を携えて保安検査場へ。無人です。待ち時間0秒で通過しラウンジに向かいます。チェックインカウンターで案内された通り、保安検査場を出て右手の方へ。

お、ありました。

チケットを見せて中に入り、どこに座ろうかとキョロキョロしていると、スタッフから「万次郎さま、お席こちらです」と言われびっくり!!案内に従って進むとこんなのがあってさらにびっくり(笑)。

ビジネスクラスは結構席数があるはずなので、おそらく全席分この対応はできないでしょうから、おそらくANAのダイヤモンドステータスによるものではないでしょうか。

席に着くとおしぼりが。すげえ。おしぼりカラッカラだけどすげえ。そして飲み物の注文をとって席まで持ってきてくれます。ANA SUITE LOUNGEのようですね。席は座り心地の良いゆったりした赤いソファとマッサージチェア。

ブースの中から見た様子。

ひと息ついてから、改めてラウンジ内を見てまわることに。コンパクトなラウンジです。かなり混雑しているとの事前情報もありましたが、午前1時過ぎという時間のせいなのか、そこまでではありません。

フード類。種類は少なめですね。

バーカウンターみたいなのもありました。

シャワーもあるらしいですが、浴びてきたこともあって未確認。

ネット環境も快適で、時間までゆっくりできました。上級会員バンザイ。

NH179 MEX->NRT

1:50の搭乗時刻が近づいてきたので 24番搭乗口へ。そこそこ離れていて、ラウンジからは5-6分は歩きますね。

到着するとダイヤの優先搭乗が終わってビジネスの搭乗が始まっていました。一応、ダイヤの受け口も残っているようだったのでそちらから入らせてもらいます。ダイヤ最高。待ち時間なし、ノーストレス。最近このレベルのサービスに慣れてきてしまっていましたが、アエロメヒコがまごうことなきエコノミーだったので、ありがたみを再確認できました。

CAさんがウェルカムドリンクを持ってきてくれ、「食事は離陸8時間後くらいから提供開始になります。それまでの時間も軽食はご注文いただけます。」とのこと。まあ身体はド深夜ですから。ちなみに、食事は朝食らしいのでちょっと損した気持ちになりますね。

離陸前、機内が暗くなります。その後、メキシコ時間2:30に離陸しました。メキシコシティー成田は距離も非常に長く、偏西風が逆風になって難しいフライトだそうですね。約14時間の超長旅です。

CAさんが「何か召し上がりますか?」とのことで、メニューの「お好きな時に」からきつねうどんを。キューバ帰りの身にはうどんつゆがうますぎて衝撃を受けました。

メキシコ時間では深夜ですが、日本は夕方。時差調整のため日本時間の夜になったら寝ようと思い、食後は本を読んだりしながら起きていました。CAさんがちょいちょい飲み物どうかと聞いてくれたりして快適な時間です。

アンカレジで半分くらいきた感じですかね。それでもあと7時間…。

このあたりで機内が明るくなりました。食事になるようです。和食をチョイス。タラバ蟹と空豆 馬鈴薯ソース掛け、牛肉野菜巻き、海老、いくらおろし、鰹の叩き、白身魚の幽庵焼き、野菜煮、筍御飯、味噌汁、香の物という内容。和食うまいですねー。彩りもきれいです。当然のように完食。

その後はすぐフルフラットにして少し寝ることにします。メキシコ時間からすると完徹状態なので一瞬で落ちました。

到着の2時間半前くらいに目が覚めました。3-4時間は寝られたでしょうか。機内も少し明るくしてあります。暇つぶしに何か食べることにしてサンドイッチ、アイスクリーム、コーラをオーダー。サンドイッチうまかったです。

食べ終わると北海道の東あたり。もう日本ですね。強い向かい風の影響で少し到着が遅れるようです。

日本時間の6:40シートベルトサイン点灯、6:52着陸、飛行時間は14時間20分ほどでした。やべえなこのフライト。

成田アライバルラウンジ

最後に、まだ行ったことのなかったANAアライバルラウンジに寄ってみました。

14時間のフライトだったのでシャワーを浴びたかったのですが、4人待ちということでおにぎりだけ食べて帰りました(笑)。

まとめ

キューバ ハバナの旅が終わりました。お気づきかと思いますが、だいぶスパンが少なめで、わりとまっとうな旅行になりまして…。別に悪いことでもないんですが(笑)。

総評としては、とにかく遠いです!旅程としては8日間でしたが、ハバナに滞在できたのは実質5日間だけでしたから、東南アジアに比べるとやはり移動に相当な時間がかかってます。スパンのためだけに行くには、あまり向かないのかもしれません。

それでも、中米は全くの初体験だったのでかなり刺激的でしたし、何よりハバナは観光地としての魅力もかなり高いので非常に満足はできました。かなり楽しかったです。

費用は細かくまとめていませんが、主な滞在費としては以下のような感じです。

  • CASA5泊:2.5万円
  • メキシコシティのカプセルホテル2泊:8千円くらい
  • ハバナで使った現金:310CUC≒310USDくらい
  • 航空券:1.8万円(特典ビジネス、諸税のみ)

10万円にも届かないですね。そんなに夜遊びしていないのもあって、あまりお金は使いませんでした。

費用的には特典航空券だったのも大きかったです。さらに、ビジネスクラス利用だったのでフライトも楽しめました。14時間のフライトがエコノミーだったらと考えると…それだけで疲れます(笑)。陸マイラー活動最高と言わざるを得ません。

陸マイラー活動 年間10万マイルをためてビジネスクラスでFKKツアー!!

2018.05.10

旅行記は以上です。少しでも楽しんで頂ければ何よりです。