ドイツ旅行記 201808 Day8 Acapulco再訪、そして哀しみの帰国…

ドイツFKK修行8日目。早いものでもう帰国です。

Acapulco再訪!

今日は最終日。デュッセルドルフ発の夜便で日本に帰るので、15時くらいまでは時間があります。空港から近いDolce VitaとかLiving Roomに行こうかと思っていたのですが、AくんがまたAcapulcoに行きたいと。まあ車だと空港まで30−40分とそんなに離れていないのでまあOKでしょう。刑務所ホテルとおさらばしてAcapulcoに向かいます。

11:30頃到着。13時までのHappy hour中なのでエントランスは30E。ジーニアス。

中の様子はというと、さすがにまだ嬢は少なめ。それでも10人以上はいます。

この時間帯のメシはだいぶショボいですね。パンとハムとチーズがあるのみ。

13時前後からだいぶ嬢が増えてきます。この時点で20人近く。その中に爆乳超デカケツの嬢を発見。しかもどこかインド風な顔です。何これ完璧すぎるんですけど。Tちゃん22歳、ルーマニア嬢でした。ニコニコとよく笑います。可愛いぜ。少し話してから部屋へお誘い。

部屋で下着を取ったTちゃん、とんでもない天然爆乳です。AV女優のRIONちゃん並み。そしてよく見ると日焼けあと。Tバックの際どい水着でビーチに行ったそうで。超エロいです。

横になった万次郎、Tちゃんの濃厚生フェラ開始です。ねっとり深く、しかもかなり長時間ペロペロしてくれます。

そしてスパン。最近は魂の正常位一本勝負ばかりですがこの日も。Tちゃん、爆乳がゆえおっぱいが揺れると痛いらしく。胸を押さえてるのが可愛いです。Tちゃんは腰を持ち上げた状態のガン突きが好きみたいで、万次郎も気持ちいいのでこれを数分間続けてフィニッシュ!いやー、40Eでこの濃厚っぷり。締めにふさわしいナイスファック。

ちなみに、Aくんはこの間に3人とスパンしてました。さすがパワー系ガイジ。1人は一昨日と同じパツキンボイン嬢、ほかの2人もかなりの美人でしたねー。

その後は15時から始まる食事をサクッと頂きます。ラインナップは2日前と同じ。豚トロみたいなのと手羽先みたいなやつがうまいです。

食後はコーヒーを一杯飲んだら出発です。ついに帰国の途につかねばなりません。Acapulcoを出てデュッセルドルフ国際空港へ。意外と早く、35分くらいで到着しました。

レンタカー返却

空港近くのシェルで最後の給油。満タン返しなので。

レンタカー屋にメールで車の返却方法を問い合わせていましたが、「標識に沿っていけばわかる」の1点ばり(笑)。結局わからずじまいだったので、ここのガソリンスタンドで聞くと、「道路に出て右に進んで右手だよ」と教えてくれました。

教えてもらった通り、シェルを出て右手に進むとすぐに標識が。Mietwagenの方です。

右手にレンタカーを返却する建物が見えてきます。

空港によくある駐車場ビルみたいな雰囲気です。場所は以下だったと思います。シェルからは一瞬でした。

この日は休日だったからか、レンタカー会社の所定のフロアまで上がって返却するのではなく、地上階のスタッフが数人いるところに車を置いていくという返却方法でした。車を停め、荷物を出したらもう行っていいとのこと。何かあればメールするからと。あまりに簡単すぎてちょっと不安になります(笑)。Aくんはガイジなので「あいつら窃盗団だろ!」と騒いでいました。

ここからターミナルまでは案内板に従って徒歩で。4−5分で出発ロビーの端っこに到着しました。

レンタカーの返却があまりにあっさりだったので、Aくんが抱えてしまった窃盗団疑惑を晴らすためにも、出発ロビーからワンフロア下の到着ロビーに降り、レンタカーのカウンターで尋ねてみます。すると「あそこで車を置いてきたんだろ?それで完璧だ。」とのこと。合っていたらしいです。

その後はまたワンフロア上がりAの保安検査場へ。空いていてあっさり通過。ラウンジに向かいます。ドイツは二次元バーコードが使えて超便利ですね。

ルフトハンザセネターラウンジ

この日のラウンジインビテーションはルフトハンザのセネターラウンジです。

空いていて快適。

万次郎はビジネス搭乗なのであまり食べないようにしておきます。が、ここのバナナジュースは好きなのでそれだけは。

一方ガイジのAくんはアホみたいにガッついています。意地汚い奴やでほんま。

このラウンジは保安検査の後、出国審査の前に位置しており、ラウンジを出てから出国審査を受けることになるため、若干早めにラウンジを出てA77搭乗口へ。すでに乗客でいっぱいです。

19:35から優先搭乗が開始されます。子連れに続いてダイヤで搭乗!

NH210 DUS->NRT 20:00-14:30

予定飛行時間10時間55分のロングフライトです。

搭乗して席に着いた瞬間からもう日本に到着したような安心感があります。陸マイラー活動のおかげですな。

黄昏に沈むデュッセルドルフ国際空港。

現地時刻20:20離陸。

さらばじゃドイツ。

さて、現時時刻21時過ぎから食事の提供が開始されます。洋食、肉料理をオーダー。

ゴゴゴゴ…。

うまかったー。食事のあとは明かりが落とされます。まだ眠くないので機内販売で買い物をしたりとか。ダイヤモンドステータスの特典として、機内販売で使える20,000円分の商品券をもらっていたので、それと余ったユーロを組み合わせ、普段は買わないようなものを買ってみたりして、楽しかったですね。

現地時刻0:45頃、座席を倒して就寝。3時間ほど眠れて現地時刻4:00頃に目が覚めます。残りの飛行時間は3時間ちょっと。早いのはいいけどビジネスだとやや名残惜しいです。

「お好きな時に」から何か頼むことにします。

味噌ラーメンとアイスクリームをオーダー。1週間パンとハムとチーズと肉を食べ続けていたのでラーメンのスープが旨すぎました。

現地時刻5時前、朝食の提供。和食染みるわー。

その後は結構眠たくてウトウトしながら過ごします。

現地時刻6:45頃、日本時間13:45頃に最終の着陸態勢に入り、14時過ぎに無事成田空港に着陸。ビジネスの先頭の方だったので目の前は無人。

こうして哀しみの帰国を果たした万次郎でした。

<つづく>

8日目の費用:92E

Acapulco30E+40E、給油44E÷2

関連記事

ドイツ旅行記 201808 Day0 前編 旅のはじまりはDining hから

2018.09.12

ドイツ旅行記 201808 Day0 後編 恐怖のアウトバーン、そしてオービス…

2018.09.13

ドイツ旅行記 201808 Day1 Oase定期巡回

2018.09.14

ドイツ旅行記 201808 Day2 みんな大好きワイワイWorld

2018.09.15

ドイツ旅行記 201808 Day3 新規開拓は1勝1分!!

2018.09.16

ドイツ旅行記 201808 Day4 Finca Eroticaで超絶美女とスパン!!

2018.09.17

ドイツ旅行記 201808 Day5 クリリンのことかー!!

2018.09.18

ドイツ旅行記 201808 Day6 地獄、からの天国

2018.09.19

ドイツ旅行記 201808 Day7 冴えない1日

2018.09.20

ドイツ旅行記 201808 Day8 Acapulco再訪、そして哀しみの帰国…

2018.09.21

ドイツ旅行記 201808 旅のまとめ

2018.09.22