ドイツ旅行記 201808 Day1 Oase定期巡回

ドイツ旅行記、1日目です。早速FKKに突撃します。

Oaseへ

ホテルで仮眠から目覚めた万次郎とAくん。改めて部屋から外を眺めます。ヨーロッパですなー。

シャワーを浴びてから早速最初のFKKへ出陣です。この日向かうのはOase。Aくんが、エンジンを切った状態で「車が前に進まないんすけど!」とガイジっぷりを見せつけつつも、ナビに従ってホテルから15分くらいで到着。近いです。

1年振りのOase!12:30頃入店、エントランスは50Eで変わらず。スマホがNGになっていました。Wi-Fiはあるけど使うなら店外で、ということでした。

男は20人くらい、嬢も同じくらいの感じ。黒人などもちょろちょろいたりしつつ、到着した時間帯は全体的に年齢層高め。どう見ても40代とかがいたりとか。

とりあえず適当に朝昼を兼ねた食事。FKK以外で外食をしないのが万次郎のジャスティス。

そして屋外で日向ぼっこなど。8月も下旬なので日差しは強いですがやや肌寒いです。人いねえ。

お姉さま方から「Do you wanna have a good time with me?」とかお声がけ頂きます。サウナ行くねんという断りに対し、「ワタシのアソコの方がホットよ!」とか、意味不明なお誘いをかわしつつまったりします。

やっぱり少し肌寒いので屋内へ。ポルノを上映しているキノのあたりへ行ってみます。嬢はこちらの方がだいぶ多いですね。14時くらいになると男女とも30人を超えてきていい感じに賑わってきました。年齢層もだいぶ下がって可愛い嬢もそれなりにいますね。休日でしたが男祭り感はありません。こちらは暖かいので時差調整のためしばし昼寝など…。

Aちゃんとスパン

その後、可愛い嬢を発見。声をかけてみます。22歳のルーメニアンAちゃん、Oaseで働き始めてまだ1週間だそうで。茶色の髪、目鼻立ちくっきりで超キュート。日中韓勢にめちゃくちゃ人気出そうな感じです。50E?と聞くと「50だとフェラ少しとファックだけよ。100なら口に出してもいいけど。」とのこと。50Eで!と返すとオーマイガーとか言ってますが結局スパンすることに。塩感が出てますが超絶可愛いのでやむなしです。

部屋に入ると、何やら身の上話が始まり、彼氏と大ゲンカしたとか何とか言ってます。万次郎は、Aちゃんのクリを触りながらI feel sorryとか言いつつ慰めますが、「でもあなた勃起してるわ」となりスパン開始。ゴムFかと思いましたが、意外なことに生F。しかも超うまいです。

Aちゃん、フロアではずっと身体にバスタオルを巻いていましたが、すばらしいボディです。おっぱいは小ぶりですが乳輪がわりと自己主張のある感じで超好み。腹筋もうっすら割れているのがわかるほど締まっています。これはいいものだ。

アソコを触ってみると濡れていて、ローション?と聞くと「今日はまだ処女だから」という万国共通の風俗嬢ギャグも飛び出しつつスパン。

キスは?と聞くと「舌入れなければ」とのこと。最近はまあこんなもんですよね。それでも超絶可愛いので興奮します。個人的にとても良かったのは、Aちゃんがスパン中に目を閉じないこと。ずーっと見つめ合ってパンパンしてました。これがキモジャパやで。

白人は1年振りで、スパンも久々なのであっさりフィニッシュ。終了後は50Eを渡してバイバイ。楽しかったです。メインフロアに戻るとAくんが嬢と何やらしてますが、無視して飲み物をもらいサウナへ。ひと汗流して休憩しているともう16時です。

Oaseで夕食

17時からディナータイムなので適当に時間をつぶします。メインフロアはタバコで煙いのでサウナの前にある半野外みたいなところのソファで。

時間になったので早めの夕食。嬢含め人が多かったので、食べ物の写真はやめておきましたが、鶏肉とかソーセージはおいしかったですね。宿泊しているホテルの朝食が14Eということで、色々物価の高いヨーロッパですが、そう考えると50Eで2食付のエントランスはリーズナブルかもしれませんね。

食後、もう1人くらいスパンして行くかなと思い物色。ところが、これは!という嬢がいません。1人、恵体なのに顔がキュートなロシア人がいて、対戦しようかとも思ったのですが、下半身は真っ裸なのに上は小さいキャミソールみたいなのを着てまして。

何でそれ着てるの?と聞くと「ファッションよ!」とかいうのですが、あやしいので了解を得てから軽くパイオツにタッチすると、やはりシリコンブーブス!カッチカチやで。その後は自分から服をまくって見せてくれましたが、非常に人工的な隆起…。残念です。サンキューと言ってその場を去ります。

この旅、まだ先は長いので無理してスパンすることもないなと思い、Aくんと合流。聞くと、Aくんは万次郎がスパンした嬢とやっていたらしく。とりあえず1発パンチしておきました。

19時頃、着替えを済ませ、エントランスでロッカーの鍵を返します。万が一Oaseに戻りたくなった場合も想定し、一応リターンパス的なものももらっておきました。Oaseも当日中なら再入場が可能なので。

そしてAくんの運転でホテルへ戻ります。

スーパーで買出し

ホテルのすぐ隣が大きなスーパーだったので買出しを。

車なので1.5Lの水を6本とか仕入れておきました。

ほかにも非常食としてバナナとかHARIBOとか。バナナは常温である程度日持ちするうえ、安くておいしいので攻守最強です。

外国のスーパーは楽しいですね。

Aくんと2人でこんな感じの額。

部屋戻ったあと、適当にウダウダしているとじきに眠くなってしまい21時頃には寝てしまいました。そのまま翌朝まで爆睡。園児か。そんな感じで初日は過ぎていったのでした。

1日目の費用:108E

Oaseエントランス50E、スパン50E、スーパー8E

<つづく>

関連記事

ドイツ旅行記 201808 Day0 前編 旅のはじまりはDining hから

2018.09.12

ドイツ旅行記 201808 Day0 後編 恐怖のアウトバーン、そしてオービス…

2018.09.13

ドイツ旅行記 201808 Day2 みんな大好きワイワイWorld

2018.09.15

ドイツ旅行記 201808 Day3 新規開拓は1勝1分!!

2018.09.16

ドイツ旅行記 201808 Day4 Finca Eroticaで超絶美女とスパン!!

2018.09.17

ドイツ旅行記 201808 Day5 クリリンのことかー!!

2018.09.18

ドイツ旅行記 201808 Day6 地獄、からの天国

2018.09.19

ドイツ旅行記 201808 Day7 冴えない1日

2018.09.20

ドイツ旅行記 201808 Day8 Acapulco再訪、そして哀しみの帰国…

2018.09.21

ドイツ旅行記 201808 旅のまとめ

2018.09.22